盾の勇者の成り上がり(アニメ)1期9話のネタバレ&感想考察|メルティ

 

2019年3月6日から放送されたアニメ

・『盾の勇者の成り上がり』

・第1期第9話『メルティ』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第8話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

 

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のネタバレと感想・考察!

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のネタバレと感想・考察①

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のネタバレ①

メルティとの出会い

前回に引き続き、村で依頼を受け戦う尚文達。

ラフタリアは自分が戦いたいとのことでモンスターと戦いますが、前回の戦いでしんどそうです。

 

「明日王都に戻ろうと思う。」

モンスターを倒し、尚文は呪いを解くためには教会の聖水が必要だ、旅は長い、無理するなとラフタリアを気づかいます。

 

そこで多くの鳥に囲まれた中に1人、人間の少女を見つけるのでした。

尚文達に気づいた鳥達は逃げ、その姿を見てフィーロは

「美味しそうな鳥だねぇ。今追いかければ仕留められるよ。」

と言います。

「いいかフィーロ、あれはお前の同族だ」

と尚文は逃げた鳥とフィーロが同じフィロリアルであることを伝えます。

 

「おっきい。」

そう鳥に囲まれていた少女は尚文達の元に来て呟きます。

「わたし!フィロリアルさんとお話するのが夢だったの!」

と笑顔で言うと、フィーロは少し怯えます。

少女はフィーロに干し芋をあげます。

 

尚文は少女の身なりから村の子供ではなく、どこかの貴族の娘ではないかと推察します。

少女の名前は”メルティ”という名前で、フィーロは”メルちゃん”と呼びます。

尚文はまだ村の仕事があるということだったので、フィーロにメルティと遊んでおくよう言います。

 

するとフィーロは喜び、子供姿になります。

「すごい。フィーロちゃんって変身もできるの?すっごーい!」

メルティは驚くことなく簡単に受け入れます。

フィーロとメルティは仲良く遊び、フィーロはもう少し遊んでもいいか尚文に確認すると尚文は

「日が落ちるまでには帰って来い。あまり遠くまで行くなよ!」

そう言う尚文を見てラフタリアは微笑みます。

 

尚文とラフタリアは村に戻り、村人達に薬を与えます。

仕事を終え、尚文はラフタリアの包帯を替える作業をします。

ラフタリアは少し痛がります。

「すまない、俺のせいで。」

「それは言わない約束ですよ。」

そこにフィーロが帰ってきます。

「あのね、フィーロにね、お友達ができたの。」

 

フィーロ曰く、メルティもフィーロと同じでいろんなところを旅しているらしい。

ただフィロリアルと遊んでいたらはぐれてしまったらしいとのこと。

そこにメルティがフィーロの後ろからでてきます。

「夜分遅くに申し訳ありません。その、どうか少しの間だけご一緒させていただけないでしょうか!」

王都に向かう途中、フィロリアルと遊ぶことに夢中になって護衛とはぐれてしまったとのこと。

 

村の人から尚文達が明日王都に向かうということを聞いたらしく、一緒に行きたいと言います。

尚文は貴族の娘だから礼金は貰えそうだが、自分が送れば面倒になりそうだと懸念するも

「ご主人様、おねがい。」

フィーロは尚文の袖を掴みお願いし、ラフタリアも頼みます。

そして尚文達はメルティと共に王都に向かうのでした。

 

夜、尚文は見張りをして他3人は寝ているとラフタリアが目を覚まします。

「寒くないですか?冷えるといけないので。」

と言いラフタリアは尚文に羽織を渡し、隣に座ります。

尻尾を振っているラフタリアは嬉しそうです。

ラフタリアはフィーロとメルティが眠っているはずなのに、メルティの服だけがあることに疑問を持ちます。

「まさか。。。」

尚文とラフタリアはフィーロがメルティを食べてしまったと思い込みます。

 

同族までも食べようとしていたフィーロ。

尚文とラフタリアは困惑します。

「見なかったことにしないか?」

尚文がメルティとは会わなかったことにしようとラフタリアに言います。

 

フィーロは目を覚まし、メルティは自分の羽の中にいることを言います。

羽の中が気持ちいいらしく、ラフタリアもフィーロに腕を突っ込んだまま眠りにつきます。

尚文は羽にそういう効果があるのかと思うのでした。

 

次の日の朝、王都に着き

フィーロはメルティを送りに行き、尚文とラフタリアは教会へ向かいます。

“なんで盾だけないんだ”

尚文は教会の塔に盾だけないことだけ疑問に思い、中に入って行くのでした。

 

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話の感想・考察①

前回治療を手伝ってくれた女性のナース的な人はもうラフタリアと尚文のことを応援してますね(笑)ラフタリアも普通の女の子っぽくて可愛いですね!

 

メルティは今回からの登場となってますが、OPにでも出ているので今後も何か関係のある人っぽいですね。

ただフィロリアルと遊んでいて護衛とはぐれてしまうって逆に護衛をまいてしまうのはすごいかと思いますが(笑)

ただ貴族という見解ですが、服装だけでなく言葉使いもこの年齢の割にはとても綺麗で大人っぽい印象を与えます。でもフィーロと遊んでいる時はやっぱり子供なんだなと思えます。安心します。

 

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のネタバレと感想・考察②

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のネタバレ②

メルティの正体

教会の中へ入ると教皇が現れます。

盾ながらも前回の決闘見て感銘を受けたと言います。

そんなことはどうでもいいと尚文は最も強力な聖水を求めるとお布施金貨1枚を要求されます。

それでいいと尚文はすぐに了承しますが、ラフタリアはとても高額だったので引き止めます。

「お前に比べれば金貨1枚なんて安いものだ。」

そう言われてラフタリアの顔は少し赤くなり、嬉しそうです。

 

しかし渡された聖水を見ると品質が粗悪品と表示されます。

それが金貨1枚の聖水かと尋ねます。

教皇は聖水を持ってきた人に悔い改めをすることと、品質の良いものを持ってくるよう言います。

 

尚文は金に見合ったものが貰えればいいと許し、教皇は慈悲に感謝します。

聖水を貰い去ろうとする勇者に

「神の導きに感謝してくださいね。全ては神の慈悲なのですから。」

と言うのでした。

 

教会を出た尚文は恩着せがましいと言うと、勇者様!と1人の兵士が追いかけて来るので反射で尚文達も逃げます。

しつこく追ってくる兵士をまこうとラフタリアにフィーロを呼んで来るように言って1人逃げます。

 

やっとまいたかと思ったその時、いきなり元康が槍で攻撃して来るのでした。

街の人は悲鳴をあげます。

「おい!何考えてる!こんな街中で!」

「黙れぇ!あの奴隷の子はどうした?解放しろ!!」

尚文はまだ前回の決闘を引きずっているのかと思いしつこいと言いますが、

元康はラフタリアではなく今度はフィーロのことを言ってます。

 

「俺、天使萌えなんだ。」

元康はフィーロが理想の子だと熱く語りますが、尚文は知るかと言って冷めています。

またそう語る元康の股間を見て尚文は笑います。

「そういや、あのデブ鳥の飼い主もお前だったな。」

と元康は蹴られた時を思い出し、街中で戦い始めます。

 

非難する街の人もいれば、その戦いを楽しむ人もいて街の人達同士でも喧嘩が始まります。

そこにさっき追いかけて来た兵士が割って入って、ここでの死闘は許可されないと言います。

しかしマインもやって来て書状を見せ、これは正統な決闘だと言い、連れてきた兵士達に抜剣するよう命じます。

 

そこに

「剣を収めなさい!」

そうメルティがやって来て言うと、兵士達は頭を下げます。

勇者同士の死闘は許可できないと言い

「お久しぶりです。姉上。」

マインと勇者の権力で決闘ができないこと、民を巻き込んで戦うものを誰が勇者と言うのかと説教します。

 

マインは姉に向かってそんなこと言っていいのかと言いますが、ことと場合によっては母親に伝えることを言うとマインは舌打ちするも引き下がります。

 

メルティは今回の騒動について街の人に謝ります。

そこへラフタリアとフィーロもやって来て元康はフィーロがあのデブ鳥みたいに馬車馬のように働かされていることを嘆きますが、それを聞いたフィーロは元康の目の前で変身します。

「き、君は。。。」

「槍の人、きらぁい!」

と言いまた元康の股間を蹴り飛ばすのでした。

よくやったと尚文はフィーロを褒めます。

 

メルティは尚文に話があると言い、場所を武器屋に移します。

「改めまして私はメルロマルク王位継承権第1位、第2王女メルティ・メルロマルクと言います。」

ラフタリアはなんで妹の方が継承権高いのかと聞くと、姉の性格ゆえいろいろと問題があると言い、尚文はだろうなと納得します。

「まさかあなたが盾の勇者様だったなんて。でも丁度良かったのかもしれません。私は、」

と話を伝えて続けようとするも、尚文は遮りお前を信じれない、出て行けと言い、メルティは戸惑うのでした。

 

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話の感想・考察②

教皇様、なんとも意味深な言葉で終わりましたね。

どんな人にでも神の元には平等だということで尚文にも平等に接してましたが。ただシスターにしても教会の塔で盾だけないというのは、どんだけ盾嫌われているんだと思います。

昔のヨーロッパだったら王様と教皇が権力トップでしたが、国からも宗教からも嫌われる存在というのは。昔来た盾の勇者が気になりますね。

 

あとメルティがなんと王女様だったという衝撃の事実!でも姉の性格ゆえに第1継承権を持っているというのは王族内でもやはりいざこざがありそうですね。

 

あと元康(笑)相変わらずだけど、こっちも衝撃でした(笑)天使萌えって(笑)

しかもまたフィーロに股間蹴られてしまって、大丈夫なのかなあと心配になりますね(笑)

 

メルティは何を尚文に言いたいのか、あと追いかけてきた兵士。あの人は第2の波で尚文と一緒に戦った兵士ですね。

次はどうこの2人が関わってくるのでしょうか。楽しみです。

 

スポンサーリンク

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話のファンの口コミ!

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話の

ファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

◆『盾の勇者の成り上がり』1話も最終回も!全話ネタバレ一覧!どこよりも最速UP!

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

盾の勇者の成り上がり1期のアニメ無料動画を全話一気にフル視聴する方法まとめ!

スポンサーリンク

『盾の勇者の成り上がり』第1期第9話の予告動画!

スポンサーリンク

『盾の勇者の成り上がり』(アニメ)第1期の出演キャラ/キャスト!

  • 盾の勇者:岩谷尚文/石川 界人
  • 奴隷の少女:ラフタリア/瀬戸 麻沙美
  • フィロリアル:フィーロ/日高 里菜
  • 剣の勇者:天木 錬/松岡 禎丞
  • 槍の勇者:北村元康/高橋 信
  • 弓の勇者:川澄 樹/山谷 祥生
  • メルティ/内田 真礼

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です