ライバルがスルーしてる4か月の間に3回の爆発で18万PV集めたネタが眠るブルーオーシャンを限定公開

どうも KOJIです♪

KOJIの詳しいプロフィール

 

私は以下の理念を掲げてビジネスに取り組んでいます。

『和を以て貴しとなす』
繋がりを大切に、顔が見えないからこそ人対人として真摯に向き合います。

『仲間にとって有益な情報を積極的に配信』
私との繋がりができたあなたを仲間として、有料・無料問わず最適な情報を包み隠さず提供します。

末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

レポートの目的

こんな人におすすめ
  1. ネタ探しで煮詰まって手が進まない
  2. 記事のジャンルが偏っていて幅広いアクセスがこない
  3. ネタを見つけても何を書いたら良いかわからない
  4. 記事を爆発させたい
  5. ショートレンジだけじゃなくロングレンジの記事を書きたい

このレポートは、私と同じように自分の生活を守るためにトレンドアフィリエイトを始めたのに、こんな悩みを持つあなたの背中を後押しするため、私がトレンドアフィリエイトを実践している中で見つけた「ライバルがスルーしてる極秘のブルーオーシャン」を限定公開することにしました。

 

なぜか?

トレンドアフィリエイトで稼いでもらいたいからです。

私もトレンドブログから始めたアフィリエイターです。

私は初め、独学でトレンドアフィリエイトをはじめました。

でも2か月たってもアクセスは2ケタ。

 

今思えば、まったく「トレンドネタ」と「キーワード」というものがわかっていなかったんですね。

 

そこで私はトレンドアフィリエイトの先生を探してコンサルを受けることにしました。

 

コンサルでは「キーワード選定」などのノウハウについてみっちりと教わり、教えてもらった「ずらし」のテクニックなどにより、記事が上位表示されてアクセスも集まりだしました。

でも、思うように収益は上がりませんでした。

 

問題になってきたのが「時間」です。

 

私も、トレンドアフィリエイトを始めたころはライバルに勝つため、寝る時間を割いてネットで最新ニュースや芸能ネタを追っかけてました。

でも、仕事をしながらだと正直キツイんですよね。

 

あなたも思ってませんか?続けたいけど、このままじゃ続かない...って

 

私は自衛官だったので、出勤前と帰宅後の2~3時間が作業時間でした。

でも、演習という「山ごもり」がある場合は、それこそ物理的にスマホすらさわれない状況が頻繁にあったんです。

 

「トレンドはタイミングが命!」

山ごもりシーズンに入ると、タイムリーに記事を投稿することはほぼ無理でした。

 

私はどうすればいいか必死に考えました。

ネタがあれば記事は書けるんです。じゃあライバルが探してない場所は?

 

「何とかせんとブログ更新が止まってしまうな」と焦りを感じていろいろと解決策を探していたある時、「あるモノ」がふと目についたんです。

 

見てみると「宝の山」でした。

 

これなら、ムダに記事を書かなくてすむ!

心底ホッとしました。

 

その後は順調に記事も投稿できるようになり、半年足らずで月20万円を超える収益をあげることができるようになっています。

 

あなたが日々の仕事で疲れているにもかかわらず、合間を縫って貴重な時間をトレンドアフィリエイトに使っているのに収入が上がらないなら、このレポートのノウハウはあなたの助けになることは間違いありません。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぎたいなら真剣に読んでください。

そして、実践してくださいね。

このレポートを読んであなたが得られるもの

  • 記事の内容がすでに書かれてあるので書く内容に迷わない
  • 普段は目が向かないネタで記事が書ける
  • 1つの記事で数回にわたって爆発が狙える
  • 息の長い記事で長期的アクセスも狙える

こんな「ネタ」が転がっていたら、もう迷わずに記事を書くことができると思いませんか?

 

このレポートでは、私がトレンドアフィリエイトを実践している中で見つけた「ライバルがスルーしてる極秘のブルーオーシャン」について、包み隠さず公開しています。

 

ここで、するどいあなたならこんな疑問が浮かんでるかもしれませんね。

「調子のいいこと言ってても何人もやり始めたら飽和するんじゃないか?」と。

 

心配いりません。

 

なぜなら、このネタ元は

毎日~毎週ネタが更新される
種類やジャンルが豊富

なので、1つのネタにライバルがひしめくことはほとんどありません。

よって、このレポートで公開しているネタ元は、ほぼ飽和しないと言ってもよいくらいの超穴場なんです。

 

このレポートのノウハウを実践すれば、あなたは最新ニュースを探すためにネットサーフィンしたり、アクセスが来るか来ないか不安なまま記事を書き続けるといった、これまで行ってきた膨大な「ムダな作業と時間」を大きく減らすことができます。

 

しかも、検索需要があることがわかっているから、ロスを減らして最短でアドセンス収益の増加につなげることができますよ。

 

それでは、いよいよ本題に入っていきますね。

1 章  トレンドアフィリエイトを勧める理由

ネットアフィリエイトは飽和してるか?

最近では、副業=ネットビジネスという構図が一般的に認知されてきて、アフィリエイトを始める方が多くなってきましたよね。

このレポートを手にしているあなたもその1人でしょうから。

 

そんな中、多くの人がネットビジネスを始めたことで、

「ネットビジネスではライバルが多すぎて後発組は稼ぐことはできない」

といった口コミがちらほら聞こえてくるみたいですが、ホントのところはどうなんでしょうか?

アフィリエイト業界の状況についてお伝えしていきましょう。

 

まず初めに、インターネットの歴史を振り返ってみます。

日本でインターネットが普及し始めたのは1990年代で有名どころのyahoo!Japanは1996年、2ちゃんねるは1999年に設立されてます。

2000年を過ぎると一般家庭にもパソコンが急速に普及し、個人のインターネット利用者が増え、それに合わせてネットビジネス産業も活発になっていきました。

 

次に、アフィリエイトが日本で普及し始めたのは1999年。バリューコマースが初めてアフィリエイトプログラムの提供を始め、それ以降急速にASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれるアフィリエイトプログラム配信会社が増えていきました。現在でも大小問わず配信会社は増えてますね。

 

つまり、アフィリエイトプログラムが始まって約20年。

現在は「黎明期」を抜けて「成長期」に入った段階だと言えます。

 

では、アフィリエイト業界の市場規模を見てみましょう。

まず広告業界全体の市場規模は約4兆3000億円。

 

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌といったメディアの広告費が横ばいを続けている中、「インターネット広告」はひときわ右肩上がりに規模を伸ばしてます。

その市場規模は2016年度で約2000億円。

 

カンタンに比べると「妖怪ウォッチ」関連の総売り上げと同じくらいです。

※調べてて、逆に「妖怪ウォッチすげーなっ」って驚きました。

 

次に、過去5年間の市場規模伸び率を見てみると、1位のモバイル(20.3%)に次ぐ2位(17.3%)に位置してます。

 

将来的にはモバイル普及率の拡大とモバイルとの相性が良い業種であるため、1兆円を超える市場規模になることが予想されてます。

 

まとめると、アフィリエイト業界は今後も発展を続け、将来的には日本の主産業の一翼を担う業種ということなんです。

 

つまり、今からアフィリエイトを始める人は黎明期から始めている「先発組」に比べたら「後発組」と呼べるかもしれませんが、まだまだ業界自体が参入障壁の低いブルーオーシャンなので十分に稼ぐことができるんですね。

 

トレンドアフィリエイトとは?

アフィリエイトにはたくさんのジャンルがあります。

ざっくりと2つに分けてみるとこんな感じです。

 

♢クリック保証型アフィリエイト

コンテンツ(サイト・ブログなど)に広告を掲載してクリックされれば報酬が発生

・トレンドアフィリエイト
・youtubeアフィリエイト  など

 

♢成果報酬型アフィリエイト

コンテンツ(サイト・ブログなど)に商品などを掲載して条件(登録・成約など)を満たせば報酬が発生

・物販アフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・PPCアフィリエイト  など

 

次に、トレンドアフィリエイトについて簡単に説明していきます。

 

トレンドアフィリエイトの仕組み

トレンドアフィリエイトは分類でいうと「クリック保証型アフィリエイト」で、主にグーグルアドセンスによる広告収入を得るスタイルになります。

グーグルアドセンスっていうのは、検索エンジンのトップシェアを誇る「Google」が運営するインターネット広告事業ですね。

 

報酬が発生する流れは

①ブログに記事を投稿して広告を掲載する
②記事を見た人が広告を「クリック」する
③広告に応じた報酬が支払われる

こんな感じです。

 

つまり、ブログにきた人が広告をクリックしてくれるだけで報酬がもらえるっていう、いたってシンプルでハードルの低いアフィリエイトなんですね。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぐには?

そもそも「素人が作ったブログなんか見に来る人はいないんじゃないの?」

と思うかもしれませんね。

 

その考え方は「正解」です。

ただただ、記事を書いているだけではブログを見に来る人はいません。

 

じゃあ、どうやって人を集めるのか?

「トレンドキーワード」というものを使って記事を書くんです。

 

「トレンドキーワード」というのは、ニュースやテレビなどで話題になっている「人」「モノ」「場所」などを言います。

 

2017年に入ってから話題になったニュースって何が思いつきますか?

 

・ブルゾンちえみの人気急上昇

・日本アカデミー賞に「シン・ゴジラ」

・R-1グランプリで「アキラ100%」が優勝

・堀北真希が芸能界引退

・村上春樹が新作小説「騎士団長殺し」発表

 

では、堀北真希さんが引退する理由を詳しく知ってますか?

わからない場合は調べてみてください。

 

どうやって調べました?

...ネットで検索しますよね。

 

「堀北真希 引退 理由」って感じで。

 

これが「トレンドキーワード」なんです。

 

つまり、話題のニュースなどからトレンドキーワードを見つけて記事にすれば、気になる人がブログを見に来てくれるようになるという仕組みです。

 

毎日毎日、数えればキリがないほど「ニュース」は生まれています。

これらのニュースは「過去にはなかった」ものばかりですよね?

「トレンド」はなくならないんです。

 

この「過去にはなかったトレンド」に関する記事を書くことがトレンドアフィリエイトで稼ぐために必要な作業ということになります。

 

おおまかに内容を掴んでいただけましたか?

 

トレンドアフィリエイトを勧める3つの理由

では、本題に戻ります。

アフィリエイトのジャンルがこれだけあると、どれから始めてもよさそうな気がしますよね?

 

でも、私が初心者の方に「どれを始めたらいいですか?」って聞かれたら、絶対トレンドアフィリエイトっていいます。

 

私がこんなに強く勧めるのは、3つの理由があるからなんです。

それでは順番に説明していきますね。

 

①「ノーリスク・ハイリターン」

まず、1つ目の理由は「リスクがない」ことです。

トレンドアフィリエイトを始めるのに必要な条件は

・インターネットのできるパソコン(ノート・デスクトップどちらでもOK)

・サーバーとドメイン維持費 (月1,000~2,000円程度)

・文章を入力したり調べものを検索できる程度のパソコンスキル

 

これだけあれば実践できます。

 

パソコン使って副業するってなると

 

・ブラインドタッチ(見ずにキーボードを打つ技術)はできて当たり前!

・HTML(webページを作るためのコンピューター言語)を熟知してる!

 

といったイメージがあるかもしれませんが、いわゆる専門技術者のようなスキルはいらないんです。(当然、あればあるほど良いですけど。)

 

最悪、パソコンの取り扱いはやりながら覚えればOKです。

 

また、失敗したからといって「損失」はありません。

基本的な維持費以外の支出は「ゼロ」ですから。

 

つまり、初心者が「ノーリスク」でできる、ハードルが異様に低いアフィリエイトなんです。

 

じゃあ稼ぎも知れてるんじゃないか?って思うかもしれませんが、それはビッグな間違いです!

 

トレンドアフィリエイターには1個のブログだけで月100万円以上稼ぐ方もいますし、私でも半年足らずで月20万円以上稼ぐことができてます。

 

「ノーリスク・ハイリターン」で実践できるのがトレンドアフィリエイトをお勧めする1つ目の理由です。

 

②ビジネスの基礎が身に付く

2つ目の理由は「ビジネスの基礎が身に付く」ということです。

 

アフィリエイトはお小遣い稼ぎと思われがちですが、正真正銘の「ビジネス」です。

トレンドアフィリエイトは広告がクリックされれば報酬が手に入ります。

トレンドアフィリエイトの仕組みでも説明したとおりですね。

 

①広告出稿企業がGoogleに広告費(広告単価)を支払う

②Googleがあなたのブログに関連する広告を表示させる

③広告に興味を持った「消費者」が広告をクリックする

④クリックされた広告単価を報酬として得る

 

 

企業の代わりに顧客を集める。

つまり「広告代理業」なわけです。

 

そして、ここが一番重要なんです。

流れをよく見てください。

あなたが行っているのは「顧客を集める」ということですよね。

実は「顧客を集める=集客」ってビジネスでは基本ですが一番重要なんです。

 

商品を売るにしてもコンサルタントをするにしても、何より大切なのが「相手=顧客」です。

つまり、トレンドアフィリエイトで成果を出すということは、どんなビジネスでも集客できるということなんです。

 

最強です。

 

企業はビジネスにおいて、まずは「顧客を獲得=集客」するために「莫大な広告費」をかけてます。

有名タレントのテレビCMのギャラが1本ウン千万円というのは当たり前に聞く話ですよね。

 

それほどまでに「集客力」を重視してるということなんです。

「集客力」はビジネスにおいて最高のスキルであることは間違いありません。

記事を書いて「アクセス=人」を集めるトレンドアフィリエイトは集客力を養うには最高の手法なんです。

 

これが2つ目の理由です。

 

③他のアフィリエイトに展開しやすい

最後、3つ目の理由は「他のアフィリエイトに展開しやすい」ということです。

トレンドアフィリエイトは初心者が稼ぐのに一番お勧めだと言いました。

 

逆を言えば、初心者ではなくなり、ある程度稼ぐことができて本格的にアフィリエイトで食っていこうという時期が来た時には、他のアフィリエイトもやった方が良いというのが私の考えです。

 

どのような展開があるかというと

 

・トレンドアフィリエイト
→ 特化サイトアフィリエイト

・トレンドアフィリエイト
→ 物販アフィリエイト

・トレンドアフィリエイト
→ メルマガアフィリエイト

 

代表的なところとしてこのような流れがあげられます。

 

《特化サイトアフィリエイト》
スポーツ・アニメ・ドラマ・観光・イベント・ガジェットなどの専門的な事柄に特化した内容のブログを運営するアフィリエイト

報酬:アドセンス・ASP成果報酬

 

《物販アフィリエイト》
ASP・楽天・Amazonなどで取り扱っている商品を販売するための記事で集客して成果条件によって報酬を得るアフィリエイト

報酬:ASP成果報酬

 

《メルマガアフィリエイト》
メールマガジンを発行してDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれる手法により集客・教育・販売という流れを構築するアフィリエイト

商品・セミナー・コンサルタントなどあらゆるモノを販売することができるビジネス形態の最高峰

報酬:販売収益

 

このような感じでステップアップしてゆくのが理想的かと思います。

 

では、これらのアフィリエイトに横展開していくのに、なぜトレンドアフィリエイトのスキルが役立つのか?

それは、アフィリエイトの基本は「サイト運営」だからなんです。

 

ほとんどのアフィリエイトはサイトを構築して行います。

※メルマガでも基本的にはサイトからの集客がメインになります。

 

アフィリエイトにおいて必須となるサイト運営に必要な要素として

 

・サイト構築
・キーワード選定
・ライバルリサーチ(競合相手を分析すること)
・ライティング(文章を書くスキルのこと)
・SEO対策(上位表示させるためのテクニックのこと)

 

これらのスキルは欠かせません。

 

トレンドアフィリエイトではこれらをすべて行います。

しかも、時々刻々と変わるトレンドを追っかけながら実践していくので、サイト運営の要ともいえる「キーワード選定能力」が飛躍的に向上します。

 

このスキルを身に付けることのアドバンテージは計り知れません。

このことから、私はトレンドアフィリエイトは「アフィリエイトの基本」にして「奥義」だと考えています。

トレンドアフィリエイトから始めれば他のアフィリエイトに展開した時の応用力は半端ではありません。

これが最初にトレンドアフィリエイトをお勧めする一番の理由なんですね。

 

かといって難しいんじゃないかと身構える必要はありませんよ。

しっかりと1~2か月ほど頑張れば、おおよその感覚は身につけられると思います。

当然、しっかりとしたノウハウで実践することが大前提ですが。

 

ちなみに、ずっとトレンドアフィリエイトだけではダメなのかというと、そういうわけではありません。

ただ、ビジネスを行う上で必要な考え方に「リスクヘッジ」というものがあります。

 

少し横道にそれますが大切なので説明しておきますね。

 

いきなりですが、トレンドアフィリエイトにおけるリスクって何だと思います?

 

答えは「依存」しているという点です。

トレンドアフィリエイトはGoogleの影響をとてつもなく受けます。

 

トレンドアフィリエイトはそもそも記事にアクセスが集まることが大前提です。

 

では、記事にアクセスが集まるというのはどういう状況かというと、

この下の図のように検索画面の1ページ目に記事が表示(上位表示)されてるということを言います。

 

この記事が表示されるためのアルゴリズム(ルール)は、Googleが顧客とユーザーを第一として独善的に決定しているんです。

 

つまり、上位表示されるにはGoogleのルールを厳守しないといけないということになります。

「ルールを守るのは当然っしょ!」って当たり前に思いますよね?

 

当たり前なんですけど、ここで一つ問題なのが、ルールを決められるのはあくまでGoogleだけであるという点です。

民主主義のように、いろんな意見をもんで決めているわけではありません。

 

ルール変更はアフィリエイターにとって「改善」になるわけではないんです。

アフィリエイターにとって「改悪」となったら記事は上位表示されず、最悪の場合、ペナルティを受けてアドセンスをはく奪されてしまう可能性もあります。

 

過去にも数度のアップデートでこれまで表示されていたブログやサイトが軒並み圏外に飛ばされるということがありました。

圏外に飛ばされたらどうなるのか?

それは、これまでトレンドアフィリエイトで月収100万円稼いでいても翌月には月収0円になる可能性があるということです。

せっかく作り育ててきたブログがすべてゴミブログ扱いになるんです。

 

このことから、トレンドアフィリエイトだけで稼いでいくのはリスク分散の観点だとお勧めできないんです。

将来的には他者に依存しない稼ぎ方というものを身に付ける必要があるということですね。

 

ちなみに、私自身はグーグルからペナルティを受けたことはありませんし、アルゴリズムが変更されても問題なく上位表示されています。

つまり、しっかりとGoogleのアルゴリズムに乗っ取った「ユーザビリティ(検索ユーザーの利便性)」の高い記事を書いていれば全く問題ないということです。

あくまで「リスクヘッジ」の考え方は大切だという観点から他のアフィリエイトも実践してみるべきだと言っている訳です。

 

もう1度言いますが、初心者にお勧めするのはトレンドアフィリエイトだということは間違いありません。

 

長くなりましたのでまとめると、

私が初心者にお勧めするアフィリエイトはトレンドアフィリエイトです。

理由は3つ。

①ノーリスク・ハイリターン
②ビジネスの基礎が身に付く
③他のアフィリエイトに展開しやすい

ということです。

 

トレンドアフィリエイトはなくなりません。

正しいノウハウで実践すれば短期間で成果を上げることができる素晴らしいアフィリエイトです。

 

将来を見据えた観点から自信をもってトレンドアフィリエイトを始めてください。

2 章  ネタのブルーオーシャン公開

ブルーオーシャンはどこ?

では、いよいよお待ちかね。

本レポートのタイトルにある「4か月の間に3回の爆発18万PV集めたネタが眠るライバルがスルーしているブルーオーシャン」について解説していきます。

 

まずは、ここで考えてもらいたいことがあります。

1つ目は「ライバルの行動」です。

 

トレンドアフィリエイトでネタを探す場合、あなたはどこから探しますか?

  • yahooトップニュース
  • Googleトレンド
  • 5ちゃんねる
  • yahooテレビガイド など

 

よく言われているモノはこのあたりでしょうか。

その他に各種ポータルサイト(goo・livedoor・infoseekなど)のニュースも良いネタ元として挙げられますね。

 

でもこれらで報じられるニュースってライバルがウヨウヨいますよね?

報じられて2時間以内のニュースを探してもすでにライバルが記事をあげている何てことはザラにあります。

 

なぜかというと、彼らは「専業トレンドアフィリエイター」だからなんです。

一日中パソコンに張り付いてニュースを片っ端から記事にする態勢をとっているので、副業トレンドアフィリエイターでは圧倒的にタイミングで負けてしまうんです。

 

次に「ライバルの記事」について考えてみましょう。

専業トレンドアフィリエイターはトレンド記事を量産するために、記事の情報は調べるのが簡単なネット上から集めています。

そのため、いわゆる「コピペ記事」や「同じ内容の記事」が多くなってきたんです。

 

そこでグーグルはコピペブログを圏外に飛ばすようにアルゴリズム変更を実装しました。

 

つまり、グーグルのアルゴリズム変更は、低質なトレンドアフィリエイターによるコピペ記事などの低質な記事投稿を防ぐために行われているというわけなんです。

自分らで首を絞めてしまっている状況なんですね。

 

また、グーグルの最新アルゴリズムでは、記事の信ぴょう性まで評価に加えるようになったと言われています。

これから先トレンドアフィリエイトを実践していくためには、信用度の低いネット情報や同じ情報元からの記事内容では上位表示が難しくなってきたということになりますね。

 

まとめると、ライバルの行動と記事の質から、グーグルが「オリジナリティがあって信ぴょう性の高い記事」を上位表示させるようにアルゴリズムを変更したことがわかりました。

逆に言えば、「オリジナリティがあって信ぴょう性の高い記事」ならば上位表示されるということですよね。

 

そんな中、私がたどり着いた「ネタ元」は

  • 記事の信ぴょう性が高い
  • アクセスが集まることがわかっている
  • ニュースの元になる情報源である
  • 更新頻度が高い
  • 種類やジャンルが豊富
  • 多くのライバルが手を付けない

なので、グーグルが求める記事の品質をクリアすることができる完全な「ブルーオーシャン」です。

 

それはどこにあるのか?

答えは「雑誌」です。

 

意外でした?

けっこうスゴイんですよ。雑誌って。

 

ブルーオーシャンのネタ実績(PV数)

いまいち信用できないって感じが見受けられるので一応実績も載せときますね。

《複数回爆発ネタ》

 

《短期爆発ネタ 》

 

《中期アクセスネタ》

 

《長期アクセスネタ》

※ ここで紹介した実績は、それぞれネタのタイプ別(短期・中期・長期)の
ほんの一部です。

 

それでは、「雑誌」が「ブルーオーシャン」である理由について説明をしていきますね。

ブルーオーシャンである理由

①記事の信ぴょう性が高い

情報には第1次情報から第3次情報までランクがあります。

 

《第1次情報》
その目的のためだけに新しく調べられて得られた情報情報

・アンケート
・調査
・実験結果
・実体験 など

 

《第2次情報》
別の目的のためにすでに収集されていて、どこかに保管されている情報

・本
・論文
・ニュース
・噂話 など

 

《第3次情報》
第2次情報をまとめた情報

・トレンドブログ
・キュレーションサイト など

 

一般的にネット上にあるトレンドブログの情報はほとんどが第3次情報で、出典元もどこかわからないような情報であることが多いです。

 

それに比べ、雑誌の情報は基本的に取材や情報収集を行って作成されている、根拠がはっきりと示された第1次又は第2次情報になります。

ここが、記事の信ぴょう性の高さの違いとなります。

 

ちなみに、ほとんどのトレンドブログがネット百科事典であるWikipediaを情報元として使っていますが、そのWikipediaの情報元は雑誌やインタビュー内容であることがほとんどなんですよ。

 

②アクセスが集まることがわかっている

雑誌には「編集」という作業がありますよね?

この「編集」の段階で、読者が集まるか集まらないかという判別をしているわけです。

 

つまり、ふるいにかけられて「これなら売れる!」っていう太鼓判が押されたネタが雑誌に掲載されてるんです。

 

しかも編集して記事を書いているのはその道の「プロ」

「プロ」が手を尽くしたネタを元に記事にする訳なんですから、アクセスが集まらない理由がないですよね?

 

また、雑誌の記事は伏字やイニシャル、場所をぼかしたような表現が多く使われています。

つまり「謎」の部分が気になる読者が数万人もいるということになるんです。

そこを少し調べれば...。

 

③ニュースの元になる情報源である

yahooトップニュースなどで流れる芸能人のスクープなどのほとんどは、週刊誌の一面であることが多いです。

「文春砲」の影響を受けた芸能人は数知れず...

 

つまり、yahooなどに流れるニュース自体が雑誌などの情報を元に発信されているので、同じかyahooより早いタイミングで記事を書ければ、他のライバルはトップニュースを見てから記事を書くため完全に出し抜いて上位表示させることができるんです。

 

④更新頻度が高い

雑誌って週刊誌から月刊誌まで数えきれないくらい発行されています。

それも発売日はバラバラであるため、ほぼ毎日と言って良いくらい新しい情報が発信されています。

 

しかも1冊当たりのページ数も多いのでネタがないなんてことは起こりえません。

 

⑤種類やジャンルが豊富

更新頻度と同様にメジャーな週刊誌からマイナーな趣味の雑誌まで、ありとあらゆるジャンルが雑誌として発行されています。

しかも発行部数は数万~数十万部。

 

基本的に1万人を超える露出がある場合、少なくとも数十~数百アクセスは見込めるので、記事に対するアクセスの見積もりを立てることができるようになり、意図的に爆発を狙うことも可能になります。

 

⑥多くのライバルが手を付けない

いちいち雑誌を買ってページを読んで記事を書く。

買いに行くのもめんどくさいし費用が掛かりますよね。

 

つまり、ライバルは「やらない」んです。

 

これってかなり重要だと思いませんか?

少しの手間を掛ければライバル不在の極秘ネタを手に入れることができるんですから、やらない手はありませんよね?

 

これら5つの理由から雑誌の情報はいまだにブルーオーシャンなんです。

3 章  狙うべきポイント

この章では、実際にどのようなネタが狙い目なのかというポイントを説明していきます。

週刊誌

週刊誌は発行部数が抜きんでて多く、爆発を狙うには外せません。

基本的には短期(~1か月)から中期(数か月)にわたるネタが多いですが、出版社の独占スクープなど、継続的に調査され次々と新事実が出てくるネタの場合、爆発がミドルレンジ続くこともあります。

《発行部数》

トップが週刊文春(約66万部)、続いて週刊現代(約49万部)週刊新潮(約48万部)という順位になっています。

さすが文春砲はダテじゃないですね。

他にも文藝春秋、週刊ポスト、女性自身などメジャー週刊誌の多くは20~30万部以上の発行部数になっています。

《狙い目の記事》

やはり狙うべきは1~2面の記事で、スクープとしてニュースで一斉報道されやすいのでアクセスが爆発する可能性が非常に高いです。

また、けっこう穴場だと感じるのが3面記事のネタです。

これはニュースにも載ってこないことがあるんですが、発行部数を見てわかる通り数十万人の人が見ているので、イニシャルや不特定な場所などが記事に盛り込まれていた場合、アクセスを独占することができます。

 

今回のタイトルにある「4か月の間に3回の爆発で18万PV集めたネタ」も週刊誌の3面記事を書いたものでした。

その他にも爆発を起こしている記事は多数あるので、かなりの狙い目だと思いますよ。

 

情報誌

情報誌は旅行・イベント・グルメ・ファッションといったジャンル別の情報が幅広く掲載されているため季節に応じた特集記事をまとめるのに最適です。

中期(数か月)にわたるネタが中心ですが、旬の季節になればアクセスは軒並み高くなる傾向があるので、季節を考えて記事を書くことで安定したアクセスを集めることができます。

《発行部数》

○○ウォーカー(東京ウォーカーなど)系やじゃらん系の情報誌は地域ごとに発行されていて、発行部数はそれぞれに5~15万部数となっています。

《狙い目の記事》

狙いとしては、地域名+イベント名(ハロウィン・クリスマス・バレンタインなど)をキーワードにすることでニッチ(あまり手が付けられていない)なアクセスを集めることができます。

口コミなどが掲載されている場合は信ぴょう性の高い記事として評価も上がりますね。

 

専門誌

専門誌はガジェット・スマホ・ゲーム・アプリといったデジタルモノから車・アウトドア・筋トレ・釣り・パチンコ・映画・鉄道・園芸...などなどあらゆるジャンル別の情報が大小問わず掲載されているため、トレンド→特化に移していく際の長期(1年中)ネタとして必須の記事となります。

《発行部数》

発行部数は少ないものだと数千部。多ければ10万部を超えるモノもあり、それこそジャンルによってピンキリです。

《狙い目の記事》

特におすすめはスマホなどのガジェット系とアプリです。

この2つは次々に新しい商品が発表されているので、消費者の興味が尽きることはありません。

 

機種名+ニッチ(あまり手が付けられていない)なキーワードやアプリ名+攻略手順などで特集記事をまとめることで、濃い読者のアクセスを集めることができます。

 

濃い読者はリピーターになることが多いので、味方に付ければ安定感抜群のブログに育てることができますよ。

4 章  ブルーオーシャンの情報を手に入れる方法

なんだかんだでやっぱりメンドくさい?!

ここまで読んでもらえたなら、雑誌がブルーオーシャンなのはわかっていただけたと思います。

では、さっそく本を買ってきてネタを集めましょう!

 

・本屋に行くのメンドくせ~!

・結局、ネタ集めに時間がかかるんじゃねーか!

・1冊いくらすると思ってんだ!

・良い情報なかったらムダ金やんけ!

心の声が聞こえてきた気がしました。

 

そう、ほとんどの人はメンドくさいことをやらないんです。

2章の「多くのライバルが手を付けない」で書いたとおりです。

 

でも、あえてやって下さい。チャンスですから!

ライバルがやらないことに手を付けるのはビジネスのセオリーです。

 

それでも「メンドくさい」からやらないというなら、これ以上はお引止めしません。

あなたの貴重な時間を無駄なレポートに使うことがもったいないので、すぐにレポートを閉じて「ゴミ箱」に捨てて「ゴミ箱」も空にしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが「やっぱり続き読もうかな」と思ったなら次に進んでください。

よくぞ、決心されました。

グッジョブです!

 

・コージがそこまで言うなら頑張ってやってみよ!

・レポートの内容けっこう良かったから試してやるよ!

・1度だけだぞ、ダマされてやるのは!

 

ってツンデレな感じでもいいんです。

 

そんなあなたのためにレポートを書いてきたので、思いが伝わって良かったです。

 

 

あなたには感謝の気持ちとして

「メンドくさいを解決する方法」

をお伝えします。

 

特別ですよ。

メンドくさいを解決する方法

それは「雑誌読み放題サービス」を利用するんです。

 

雑誌読み放題サービスってなんじゃい?

その名の通り毎月定額の購読費を払うと雑誌が読み放題になるサービスがあるんです。

・dマガジン
・Kindle Unlimited
・楽天マガジン
・ビューン
・ブックパス
・ブック放題
・yahooブックストア読み放題
・U-NEXT
・タブホ
・ひかりTVブック
・フジテレビオンデマンド
・Fujisan.co.jp   ...etc

こういうサービス聞いたことありませんか?

 

購読費や読める雑誌などは会社によって違いますが、月額無料~2,000円弱で100冊を超える雑誌やコミック、動画を見ることができるんです。

 

これらのサービスを利用すれば、パソコンやスマホで雑誌を見ながらそのまま記事を作成することができます。

・買いに行く手間もいらない
・いろんな雑誌を見ることができる
・料金も雑誌1冊分程度でOK

 

これで、だいぶ「メンドくさく」なくなったでしょう?

 

ちなみに、私も利用しているお勧めのサービスは

・dマガジン
・楽天マガジン
・U-NEXT

基本的にはこの3つで十分です。

書きやすい雑誌が多い方を選べば問題ありませんよ。

 

映画のレビュー記事を書きたいという方は『U-NEXT』

月額費用は高めですが、レンタルに比べると費用対効果は高いと思います。

こちらはプライベートもかねて使っています。

 

これら3つのサービスはどれも無料お試し期間があるので登録して実際に使ってみて選ぶのが良いかと思います。

 

無料お試しに登録するならこちらからどうぞ

ⅾマガジン無料登録(31日間無料お試し期間あり)

楽天マガジン無料登録(31日間無料お試し期間あり)

U-NEXT無料登録(31日間無料お試し期間あり)

 

以上で説明は終わりです。

 

 

 

もしかして

「なんだアフィリの誘導かよ!」

って思いましたよね。

 

実はこれアフィリエイトしてません!

上のページのURLリンクは各サービスの公式ページに飛ばしていますので

リンク先を確認してみてください^^

(「リンクをコピーする」などで確認できるかと思います)

 

今回の目的はあくまで『情報提供』なのです。

ブログを書く時に、こういった誘導方法もありますよっていう参考にしていただければ、トレンドブログでも物販につなげられると思います^^

 

上記の3つのサービスに登録する際は必ず『セルフバック』を利用して自分の収入を増やすようにしてくださいね!

少額であっても稼ぎには変わりなく『あなたの実績』になりますので。

 

ちなみに、私自身がトレンドブログ内の記事で物販(VODサービス)につなげて記事更新ゼロで月収50万円も達成しています。

 

ノウハウなどをまとめたレポートを一番最後の【限定特典】にご用意しているので、ぜひご覧になってください!

限定特典

限定特典レポート①

【永久保存版】
ライバルがスルーしている
4ヶ月の間に3回の爆発
18万PVを集めたネタが眠る
ブルーオーシャンを限定公開!

▶4か月の間に3回の爆発で18万PV集めたネタが眠るブルーオーシャンを限定公開(ブログ)

私はみんなが最新ニュースに張り付き、よーいドンで記事更新レースをしているのを横目で見ながら別の場所から仕入れたネタを丁寧にまとめて投稿した結果、4ヶ月間に3回の爆発で18万PV。しかも1記事です。

このようなネタをいくつも仕込んでいました。

このレポートでは一撃爆発の力を秘めたネタが眠るブルーオーシャンの情報源を完全公開しています。

いつでも記事を書けるようになるので、もう忙しいからニュースに貼り付けないという言い訳とはおさらばできて、きっとブログを書くことが楽しくなりますよ!

限定特典レポート②

【永久保存版】
ずっとガンバって記事更新してるのに
アクセスが安定しないあなたへ!
6ヶ月間ほぼ放置でも収益が増えて
更新0記事で月収50万円
を稼いだブログの
ニッチネタ選定方法を限定公開!

更新0記事で月収50万円を稼いだニッチネタ選定方法(ブログ)

私が毎日の記事更新と併せて近い将来絶対に爆発すると感じて、密かに仕込んでいた『ニッチネタ』を完全公開したレポートです。完全に他の人を出し抜いて初期市場を独占する禁断のネタ選定の思考方法がわかります。

知ればマネするだけで、新規市場は続々と溢れているので再現性も高く飽和する可能性はほぼないでしょう。

限定特典レポート③

【永久保存版】
どうやっても文章が思いつかない人
必見!誰がやっても大丈夫!
何も考えなくてもあっという間に
記事に文字数を2,000字以上にできる
悪用厳禁の合法テクニックを
限定公開!

▶記事の文字数を2,000字以上にできる悪用厳禁の合法テクニック!(ブログ)

私が短時間しか作業時間がとれなくても、2,000字を超えるボリュームで記事を書いてきたノウハウを完全公開したPDFレポートになります。これがあればグーグルからのペナルティも受けることなく、誰でもカンタンにオリジナリティあふれる記事を作成することができるようになりますよ。

ただ、最終的には自分で書き上げる力をつけることが重要なので、どうしても文字数が増やせなくて困った時の最終兵器にすることを約束してください。

限定特典レポート④

メルマガ限定特典
ジャンル別記事作成
テンプレート8

ジャンル別記事作成テンプレート8!(ブログ)

私が作業時間のムダを極限まで減らすために、独自で考えた8コのジャンル別記事テンプレートを完全公開したレポートです。これがあれば決まった構成で文章を書くだけなので、あなたは迷いなく記事を書くことができますよ。

 

これらのレポートのノウハウと掛け合わせることによって、 あなたの月収を10万円→20万円→30万円と右肩上がりに増やしていくお役に立つ内容となっています。

 

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございましたm(_ _)m

KOJI