何も考えなくてもあっという間に記事の文字数を2,000字以上にできる悪用厳禁の合法テクニックを限定公開!

どうも KOJIです♪

KOJIの詳しいプロフィール

 

私は以下の理念を掲げてビジネスに取り組んでいます。

『和を以て貴しとなす』
繋がりを大切に、顔が見えないからこそ人対人として真摯に向き合います。

『仲間にとって有益な情報を積極的に配信』
私との繋がりができたあなたを仲間として、有料・無料問わず最適な情報を包み隠さず提供します。

末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

レポートの目的

こんな人におすすめ
  1. どんなにひねっても文章が出てこない
  2. どのような構成にすればよいかわからない
  3. 似たような言葉に偏る
  4. 内容が薄い

このレポートは、私と同じように自分の生活を守るためにトレンドアフィリエイトを始めたのに、こんな悩みを持つあなたの背中を後押しするため、私がトレンドアフィリエイトを実践している中で身に付けた「誰でもできる記事の文字数を2,000字以上にするテクニック」を限定公開することにしました。

なぜか?

トレンドアフィリエイトで稼いでもらいたいからです。

私もトレンドブログから始めたアフィリエイターです。

私は初め、独学でトレンドアフィリエイトをはじめました。
でも2か月たってもアクセスは2ケタ。

今思えば、まったく「トレンドネタ」と「キーワード」というものがわかっていなかったんですね。

そこで私はトレンドアフィリエイトの先生を探してコンサルを受けることにしました。

コンサルでは「キーワード選定」のノウハウについてみっちりと教わり、教えてもらった「ずらし」のテクニックなどにより、記事が上位表示されるようになりアクセスも集まりだしました。

でも、思うように収益は上がりませんでした。

問題になってきたのが「時間」です。

私も、トレンドアフィリエイトを始めたころはライバルに勝つため、寝る時間を割いてネットで最新ニュースや芸能ネタを追っかけてました。

でも、仕事をしながらだと正直キツイんですよね。

あなたも思ってませんか?続けたいけど、このままじゃ続かない...って

私は自衛官だったので、出勤前と帰宅後の2~3時間が作業時間でした。
でも、演習という「山ごもり」がある場合は、それこそ物理的にスマホすらさわれない状況が頻繁にあったんです。

そんな状況でも短時間のうちに2~3記事書こうと思うと、どうしても内容が薄くなったり文字数が1,000文字以下になったりと問題が出てきました。

どうにかして短時間でも1記事の質を高めつつボリュームを増やせないか?

必死に考えました。

 

ライバルのトレンドブログを参考にしたり、自分の言葉で感想を述べたりしましたが、どうもしっくりきません。

「ペラペラな記事ばかりでこのままじゃペナルティを受ける!」と焦りを感じていろいろと解決策を探していた時「あるモノ」がふと目についたんです。

見てみるとそこにはほかのブログにはない情報がたくさん溢れてたんです。

「これを使えば、短時間でもオリジナリティと記事の質があげられる!」

その後は順調に記事も投稿できるようになり、半年足らずで月20万円を超える収益をあげることができるようになりました。

あなたが日々の仕事で疲れているにもかかわらず、合間を縫って貴重な時間をトレンドアフィリエイトに使っているのに収入が上がらないなら、このレポートのノウハウはあなたの助けになることは間違いありません。

トレンドアフィリエイトで稼ぎたいなら真剣に読んでください。
そして、実践してくださいね。

このレポートを読んであなたが得られるもの

  • 2,000字以上のボリュームで思いのままに書ける
  • 記事の構成が決まっていて書きやすい
  • 自分では思いつかない言葉に出会える
  • 多彩な切り口で自分の考えとは違った考え方がわかる
  • 固定観念をなくなって広い視野が手に入る

この「テクニック」が身に付けば、たくさんの文字数でもう迷わずに記事を書くことができると思いませんか?

このレポートでは、私がトレンドアフィリエイトを実践する中で身につけた「記事の文字数を誰でも2,000字以上にできるテクニック」について、包み隠さず公開することにしました。

ここで、するどいあなたならこんな疑問が浮かんでるかもしれませんね。

「調子のいいこと言ってコピペばかりでペナルティ受けんじゃねーか?」と。

 

心配いりません。

なぜなら、このテクニックは

・基本的なライティングスキル
ああああ+
・グーグルがインデックスしていない
・リアルタイムで大量に更新されている

このようなポイントから記事を持ってくるため、グーグルからペナルティを受ける可能性の極めて低い、合法かつ極悪な裏技テクニックなんです。
(将来的にGoogleさんが対応してくる可能性もあるため断定はできません。)

このレポートのノウハウを実践すれば、あなたは短い作業時間でも質の高い、オリジナリティのある、読者を満足させられる記事を作成することができるので、これまで行ってきた膨大な「ムダな時間と作業」から解放されるようになるんです。

これまで1記事しか書けなかったところが、同じ時間で複数の記事を書けるようになるので最短でアドセンス収益の増加につなげることができますよ。

1 章 基本的な記事の構成

切り口

記事を書き始める前に、大前提として決めておきたいことがあります。

「切り口」です。

これが前もって決まってないと、次のような症状が出てきます。
・記事の方向性が毎回変わる
・ブログ全体の筋が通らない
・ありきたりで面白くない

これらが積み重なった結果が
「どうやって記事を書いたらいいかわからない病」
の発症につながるんですね。

切り口には
・キャラ設定
・視点
この2点をしっかりと決めておくことが大事なんです。

キャラ設定

ブログというものは実際はあなたが書いてます。
ですが、コンセプトとして記事を書いている人物イメージをこまかく設定して「キャラ」を作り出すとオリジナリティあふれるブログになります。

・男、女、動物、架空の人物などになりきる
・情報に対してツッコミを入れる
・キャラ同士で語り合う
・情報に対して自分の意見とキャラが意見を交える
・毒のある言葉をつぶやく...etc

こんな感じで普段はとても人前に出せない「あなたの本性」の分身としてブログのキャラにしてみると、意外にスムーズに文章が書けるようになりますよ。

あなたが生身で十分にキャラが立ってるなら、もちろんそのままでOKです!

視点

文章を読んでて「この考え方おもしろいなっ」って感じることありませんか?

例えば、最近は素直なキャラが定着してきた「沢尻エリカ」さんですが、一時荒れている時期がありましたよね?

「...別にっ」ってやつです。

これに対してネットなどで見られた多くの人の意見は
・調子に乗ってて生意気だ
・あんな態度、社会人としてありえない
・何様なんだ
・それでもかわいいなっ、ちくしょう!

といった「行動を否定する」意見が飛び交っていました。

でも、取材でこの騒動に対するコメントを求められたある芸能人はこう答えました。
・女優ならアレくらい自己主張して当たり前
・周りに媚びてる人なんて何の魅力も感じない
・あんたたち、大事にしなさいよ!ああいう子が数字とれんのよ!  って

たしかに「一理あるなぁ」って思いません?

ちなみにこのコメントをした方は、だいたいいつもこんな受け答えをしてます。
ふくよかなオネエキャラの方ですけど。

つまり、世間に同調してる意見は「当たり前」すぎて面白くないんですよね。
なので、1つの事象が起こった時はみんなが考えるであろうことをいくつか考えて、それを客観的に比較してみるんです。

今回の事例だと
・否定的 ← 大多数
・あの態度は間違っていない ← ごく少数

比較できたら、あえて「少ない方の視点」で文章を書いていくんです。
こういった視点を持つことで読み応えのある記事が書けるようになります。
すると、記事がSNSの口コミで拡散されたり大手ポータルサイトに取り上げられたりしてブログのファンが自然に増えていくんですね。

ちなみに、あくまで「一理ある」ことが前提です。

非道徳でショッキングな事件なんかを「肯定」してたら「ヤバいブログ」だということで誰も近寄らなくなりますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

導入

導入とはブログの冒頭部分の文章のことです。

ここの文章を適当に書いてあるブログを見かけると、
「本文エエのに、めっちゃもったいないやんけ!」
って思っちゃいます。

導入の役目

導入の役目は読者を「キャッチ」することなんです。

・この記事を読んだら得しそう
・この記事は自分に当てはまってる

こういった印象を与えることで本文まで読み進めてくれるようになるんですね。
ちなみに、記事を読むかどうかは冒頭の3行程度で判断されるという分析データがあります。

導入を書くポイント

では、どのような感じで書き始めればよいのか?
ポイントは3つです

・問題提起をして共感を得る
「子供の誕生日プレゼントは何をあげればいいのか、毎年悩んでませんか?」
「風邪をひいた時の適切な処置をきちんと把握してますか?」

・記事を読むメリットを伝える
「子供が大喜びするようなプレゼントが一瞬で分かります。」
「風邪をすぐに治す方法をお教えします。」

・メリットの根拠を伝える
「子供を持つ親100人にアンケートをとりました。」
「実際に知人の医者に聞いた話をまとめます。」

このような感じで「情報に価値がある」と思ってもらえたら勝ちです。

 

メインコンテンツ

メインコンテンツで意識するポイントは2つ。
「見出し」と「本文」です。
見出しには大きく3つの役割があります。

読者に必要な情報だけ読んでもらう

文章はできる限り「カンタン」で「短い」ものが読者に好まれます。

なので、見るだけで内容が把握できるくらいの「刺さる見出し」を書くように心掛けると、グーグルが掲げる「ユーザビリティ(利便性)の高い記事」として評価が高くなりますよ。

読者が情報を整理しやすくなる

まず、記事には目次を表示させておいてください。
(プラグインを使えばカンタンです。)

読者は、目次で表示される見出しを流し読みすれば視覚的に必要な情報だけを選んで、整理しながら見ることができます。

読みやすい記事があれば、他の記事も読んでみようかなってブログ全体を見て回ってくれるようになるのでブログが強くなりやすいですよ。

情報をまとめながら記事を作成できる

これはあなたのメリットの方が大きいですね。
始めに見出しを作っておけば、何を書いていくか明らかになります。

「記事内容がブレません」

つまり、理路整然とした読みやすくて書きやすい文章になるんですね。

以上、3つが見出しの役割になります。

 

まとめ

構成の最後は「まとめ」で締めくくります。
まとめの役割は2つです。

記事の要点をまとめる

長い文章になると、せっかく有益な情報が途中で書いてあっても覚えきれずに忘れてしまうことがあります。

なので、記事のポイントをまとめてあげると記事の内容を再確認することができるので印象に残りやすくなります。

ダラダラと文章で書いても読み疲れてしまうので「箇条書き」でまとめると良いですよ。

他の記事に誘導する

箇条書きでポイントをまとめたあとは、他の記事をさりげなく勧めましょう。

服屋さんで「そのシャツなら、こちらのジーンズがよく合いますよ!」っていうのとおんなじです。
ついでだと、つい話に乗ってしまうことが多いんですね。

この時は「関連記事:記事タイトル」と書くより「この記事の○○のことについても調べてますよ」といったニュアンスで書くと反応が良いですよ。
あくまで、さりげなくです。

また、関連記事以外にもSNS(twitter・FaceBookなど)へ誘導すると記事を拡散してくれたり、記事を更新した時にリピートしてくれたりといったメリットがあるので、忘れずに紹介しましょう。

ボタンを配置しているだけではクリックしてくれる人は少ないので、「役に立ったと思ったらポチッとしてシェアしてね!」といった感じで行動をうながすと効果が高くなります。

以上が基本的な記事の構成でした。

 

全般としては、基本的には1記事1メッセージを守って、タイトルに関係ない内容は書かないようにしましょう。

見出しの数はタイトルのキーワード数に合わせればOKです。
記事にもよりますが、だいたい2~3コくらいがベターですね。

導入・・・・・300字
見出し1・・・300字
見出し2・・・300字
見出し3・・・300字
まとめ・・・・300字

これだけで1,200~1,500字の記事を書くことができますよ。

2 章 記事を2,000文字以上にするテクニック

どう頑張っても書けない時は?

1章でお伝えした記事構成に慣れてくれば、2,000字くらいは問題なく書けるようになります。

「小説家とちゃうしムリやって!」って思いました?

でも、例えば「近い将来やりたい3つのこと」というタイトルで文章を書いてくださいと言われれば、原稿用紙1枚(400字)くらいは普通に書けますよね?

でも、子供の頃はたった原稿用紙1枚の作文もうまく書けなかったと思います。

なぜ大人になったら書けるようになってるのか?

あなたはこれまでに、いろんな本・新聞・雑誌・ネットニュースなどの文章を読んできましたよね?

なので、だいたいの文章の構成というものを無意識のうちに理解してるんです。

つまり「慣れ」です。

なので「慣れ」れば2,000文字なんてすぐに書けるということなんです。

このレポートも今でだいたい9,000字くらいですから。

では、頑張りましょう!

やっぱムリ?

慣れてない?

ですよね?

 

じゃあ、自分で頑張らずに文字数を増やすテクニックを伝授しましょう。

でも、1つ約束してください。

それは、文章を書くのに慣れるまでの「期間限定」で使うということ!

これからお伝えするテクニックはグーグルからペナルティを受ける可能性の極めて低い、合法かつ極悪な裏技テクニックなんです。
(将来的にGoogleさんが対応してくる可能性もあるため断定はできません。)

だからと言って、あなたがコレに頼ってばかりだと「あなたらしいブログ」になりません。

あくまで「基本的な記事の構成」を補足するという形で使うようにしてください。

この約束が守れる方のみ、以降のページを読み進めてください。

テクニックを公開します!

それでは、
本レポートのタイトルにある「どうやっても文章が思いつかない人でも何も考えなくてもあっという間に記事の文字数を2,000字以上にできる悪用厳禁な合法テクニック」について解説していきます。

やるべきことは『引用』です。

引用とは?

引用とは『自分の記事の中に、他人の著作物(文章、図、表など)を使用すること』です。

引用にはルールがありますが守っていれば著作権侵害にはなりません。

<引用ルール>
①明確性
→あくまでメインは自作記事で引用部分は内容の補足でないといけない
→引用文8割で自分の文章2割だと主従逆転なのでアウト

②明瞭区別性
→引用部分は他の部分とはっきり分けて表示しないといけない
→ブログの場合は『引用タグ』を使えばOK

③必要性
→文章の流れで引用する必要があること
→ただ文字数を増やすためだけに使うとアウト
→口コミ用にコメントを拾ってくるなどはOK

④出典元の明記
→引用元の情報を明記する必要がある
→文章や画像が掲載されていたページ名とURLなどを明記する

⑤改変
→引用元の文章などには一切手を加えてはいけない
→文章を変えたり画像をトリミングするなどはアウト

 

<引用の表示例>

この文章は引用サンプルです。この文章は引用サンプルです。この文章は引用サンプルです。この文章は引用サンプルです。この文章は引用サンプルです。

引用:文字数を2,000字以上にできる悪用厳禁の合法テクニック(URLはこのレポートのURL)

以上のルールを守っていれば引用してもOKです。

次に引用を活用したテクニック2つを紹介します。

 

SNS(twitterなど)をシェアする

まずは「SNSをシェアする」です。
『Twitter』を例に進めます。

《手順》
①twitterの「検索欄」で記事タイトル含めたキーワードを検索する
②検索結果から気になるツイートを選んでブログにシェアする
③Twitter記事の下に引用元を記載する
④ツイートの内容にあなたの意見を書く

これだけです。

「ツイートをパクッてるやん!!アウトやろ!」

って思いました?

心配ありません、合法ですよ!

引用枠で囲まなくても明確に区別できているので大丈夫です。

 

ただ、このようなツイートは「アウト」なので注意してください。
・楽曲の歌詞がそのまま記載されてる
・画像を利用している
・その他、ツイート自体が著作権を侵害している

Twitterのシェアのやり方は...すんません。ググって下さい。

 

yahooニュースのコメントをコピペする

2つ目は「yahooニュースのコメントをコピペする」です。

《手順》
①yahooの「検索窓」で記事タイトルを含めたキーワードを検索する
②検索結果からyahooニュースの記事を選んでコメントをみる
③気になるコメントをブログにコピペして引用処置をする
④あなたの意見を書く

これだけです。

「ニュース記事からパクッてるやん!!これは完全アウトやろ!」

って思いました?

心配ありません、合法ですよ!

Yahooニュースのコメント投稿者が著作権表示をしていなければ流用しても問題ありません。
ただ、引用処置をした方が『より安全』ということです。

 

ちなみに、yahooニュースのコメントとはこんなやつのことです。

【日本中を震撼させたニュース】

1,080のコメントが付いていますよね?
※関西人にとっちゃ大事件ですけどね!

これらのコメントから意見が書きやすそうな内容をコピペすれば、
「コメント」と「あなたの意見」を足した文字数分を増やすことができます。

 

共通事項

2つのテクニックは、どちらも「ネット上の意見」のような見出しでまとめておけば記事構成としても客観性が出て良いですよ。

ちなみにレポート作成段階の情報なので、今後グーグルのアップデートで著作権問題が出てくるかもしれません。

その場合も『引用タグ』を使って引用元を記載していれば問題ありません。

カンタンだったでしょ?

以上が誰でも2,000字以上に文字数を増やせるテクニックでした。

 

 

ノウハウなどをまとめたレポートをご用意しているので、ぜひご覧になってください!

限定特典

限定特典レポート①

【永久保存版】
ライバルがスルーしている
4ヶ月の間に3回の爆発
18万PVを集めたネタが眠る
ブルーオーシャンを限定公開!

▶4か月の間に3回の爆発で18万PV集めたネタが眠るブルーオーシャンを限定公開(ブログ)

私はみんなが最新ニュースに張り付き、よーいドンで記事更新レースをしているのを横目で見ながら別の場所から仕入れたネタを丁寧にまとめて投稿した結果、4ヶ月間に3回の爆発で18万PV。しかも1記事です。

このようなネタをいくつも仕込んでいました。

このレポートでは一撃爆発の力を秘めたネタが眠るブルーオーシャンの情報源を完全公開しています。

いつでも記事を書けるようになるので、もう忙しいからニュースに貼り付けないという言い訳とはおさらばできて、きっとブログを書くことが楽しくなりますよ!

限定特典レポート②

【永久保存版】
ずっとガンバって記事更新してるのに
アクセスが安定しないあなたへ!
6ヶ月間ほぼ放置でも収益が増えて
更新0記事で月収50万円
を稼いだブログの
ニッチネタ選定方法を限定公開!

更新0記事で月収50万円を稼いだニッチネタ選定方法(ブログ)

私が毎日の記事更新と併せて近い将来絶対に爆発すると感じて、密かに仕込んでいた『ニッチネタ』を完全公開したレポートです。完全に他の人を出し抜いて初期市場を独占する禁断のネタ選定の思考方法がわかります。

知ればマネするだけで、新規市場は続々と溢れているので再現性も高く飽和する可能性はほぼないでしょう。

限定特典レポート③

【永久保存版】
どうやっても文章が思いつかない人
必見!誰がやっても大丈夫!
何も考えなくてもあっという間に
記事に文字数を2,000字以上にできる
悪用厳禁の合法テクニックを
限定公開!

▶記事の文字数を2,000字以上にできる悪用厳禁の合法テクニック!(ブログ)

私が短時間しか作業時間がとれなくても、2,000字を超えるボリュームで記事を書いてきたノウハウを完全公開したPDFレポートになります。これがあればグーグルからのペナルティも受けることなく、誰でもカンタンにオリジナリティあふれる記事を作成することができるようになりますよ。

ただ、最終的には自分で書き上げる力をつけることが重要なので、どうしても文字数が増やせなくて困った時の最終兵器にすることを約束してください。

限定特典レポート④

メルマガ限定特典
ジャンル別記事作成
テンプレート8

ジャンル別記事作成テンプレート8!(ブログ)

私が作業時間のムダを極限まで減らすために、独自で考えた8コのジャンル別記事テンプレートを完全公開したレポートです。これがあれば決まった構成で文章を書くだけなので、あなたは迷いなく記事を書くことができますよ。

 

これらのレポートのノウハウと掛け合わせることによって、 あなたの月収を10万円→20万円→30万円と右肩上がりに増やしていくお役に立つ内容となっています。

 

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございましたm(_ _)m

KOJI