呪術廻戦125話最新話確定速報!考察感想も!あの子の話

今日は2020年10月12日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.45号から

『呪術廻戦』の第125話 「あの子の話」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

呪術廻戦 第125話 「渋谷事変43」のネタバレ考察

第125話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

 

最新話第125話のあらすじ・感想

感想ですけど言いたくないです
言わなきゃきゃダメですか?

 

じゃあ言いますけど
釘崎が死んじゃいました
ショックです

 

…いや多分後で生き返るとか
実は幻覚でしたとか
そう言うオチが来るとは思うけど
ショックです…
真人は生きたまま地獄に落ちれば良いのに
って思っちゃいました

 

一応釘崎もヒロインなので
このまま死んでハイ御仕舞って事は
ないと思うけど
思うけどやっぱショックです
もう何もしたくないし
動画の原稿もこれで終わらせたいし
このまま不貞寝したいし…

 

アニメでこれから釘崎も登場して活躍するのに
殺されてしまうとか
どうなってるんでしょうか!?

 

死ぬ瞬間のコマで
眼球がパーンって飛んじゃってて
もうすんごいショックです
死にそうで死なない伏黒と虎杖に対して
殺しても死ななそうな釘崎が先に死ぬとか
あり得ない展開に愕然としてます

 

『沙織ちゃんの正体が判明』

沙織ちゃんは7歳年上の
当時中学2年生の女の子でした
今では出版社に勤めているようです

 

そんな彼女が釘崎を思い出して
「元気かな野薔薇ちゃん
今どこで何してるんだろ」
って言ってましたが
…釘崎は…渋谷で死んでます…

 

 

『虎杖がどうなるのか…』

七海が殺されて釘崎が殺されて
虎杖がどうなるのか不安です

 

虎杖のメンタルもアレだけど
自分のメンタルも結構キてます
もう何もしたくないです

 

それにしてもこの展開
実は途中から宿儺が見せている幻覚
って事も考えられるけど
どうなのでしょうか?

 

七海はボロボロだったから仕方ないとしても
釘崎をここで殺すとか…
これはもう
実は七海も釘崎も生きてました!
みたいな展開に持っていこうとしてる気がします

 

宿儺が見せている幻覚かも知れませんが
それも合わせて
虎杖の「存在しない記憶」と
何か関係があるような感じです

 

アニメのOPのラストでも胸が抉られて
今週の原作でもショックを受けて
暫くの間は呪術廻戦を読むのが
苦痛になりそうです
読むけどね!!

 

『アニメの内容を意識している?』

今週の呪術廻戦は
アニメの2話を観てから読む人が多いと思います
アニメ2話の学長の台詞
「呪いに殺された人を横目に
呪いの肉を裂かねばならんこともある」
「ある程度のイカレ具合と
モチベーションは不可欠だ」
この台詞を聞いてハッとしました

 

釘崎が殺された後の虎杖を
“暗示”しているような気がしました

 

虎杖は釘崎の死を受け入れて
真人を倒すんだろうな…と
だから放送のタイミングに合わせて
釘崎を殺したのかな…と
考え過ぎでしょうか?

 

スポンサーリンク

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第125話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

最新話第125話の考察・感想

釘崎を復活させる迄のシナリオを全力で考察
したいと思います

 

「復活プラン」

126話で真人をぶっ殺す
127話で宿儺が出て来る
128話で釘崎と七海が再登場

 

来週の126話で虎杖が真人にトドメを刺します
可能な限り出来るだけこれ以上ない位に
グジャグジャになってしまえば良いと思います
でも虎杖も心身共にボロボロになって
倒れてしまいます

 

そして127話になって
虎杖は意識の中で宿儺と対面します
宿儺が虎杖に言います

 

「俺が渋谷で殺した人間達や
真人が殺した2人の呪術師を
生き返らせたくはないか?
生き返らせも良いが
その代わりに俺と一緒に来い」

 

でもって虎杖はその程度で生き返るならと
OKしてしまいます

 

実際は殺したのではなくて
宿儺が虎杖に見せていた幻覚だったけど
そこは呪いの王だから
しれっと虎杖を騙したと考えますw

 

更に128話で宿儺の術式(の一部?)や
虎杖の「存在しない記憶」についても
説明されるとも予想します

 

4巻で宿儺が言った
「あの時の“縛りは”しっかり忘れているな」
が関係している様にも思えます
宿儺にとって記憶を消すのは簡単みたいなので
宿儺が消した“縛り”に関する記憶を
ここで虎杖に教える事が
宿儺の今後の計画(?)に関係しそうです

 

そして最後の方のページになって
虎杖が目覚めると
七海と釘崎が側に居た
…っていう展開はどうでしょう!?

 

虎杖は2人から話を聞いて
実は2人とも死んでないって事が分かって
「騙したな宿儺!」ってなるんですけど
契約しちゃったからもう遅い…
みたいな感じになると推測します

 

そして虎杖の前に裏梅が登場します
裏梅はきっとこう言うと思うのです
「お迎えに上がりました」
…と!
考察とは言え裏梅が良いタイミングで登場しました

 

こうやって考えると
何かちょっと楽しくなってきます!
本当はテンションどん底ですけど
楽しくなってきた★って言っておきます…

 

<最新話125話まとめ>

はい!
それでは今週号の総まとめに入ります!
①釘崎の出身地の話が結構えげつなかった
②引っ越してきたのは沙織ちゃんだけじゃなくて
ふみちゃんって子も居た
③釘崎が死んだ…

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 漫画(単行本/電子書籍)を最大11冊無料で今すぐ読む方法!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です