呪術廻戦124話最新話確定速報!考察感想も!横浜事変42

今日は2020年10月5日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.44号から

『呪術廻戦』の第124話 「横浜事変42」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

呪術廻戦 第124話 「渋谷事変42」のネタバレ考察

第124話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

動画が出来次第掲載します。

 

最新話第124話のあらすじ・感想

 

釘崎渾身の「共鳴り」が
ペシャンコだった虎杖の気持ちを
救ってくれました

 

「ありがとう」
「俺は独りじゃないと そう思わせてくれて」
そう言った虎杖の目はまだ死んでいません
その目に僅かでも光が残っているのなら!
きっと勝てる!そう思いながら読んでました

 

そして思ってた以上に
釘崎の術式が強力でした
魂にダメージを与えた「共鳴り」の余韻が
いつまでも真人の足を引っ張ります

 

釘崎の術式は
連携プレイで大きな力を発揮出来る
と考えていましたが
その考えは改めた方が良いのかも知れません

 

1級呪術師に推薦されたシーン
「禪院真希 パンダ 伏黒恵 釘崎野薔薇
そしてマイブラザー虎杖悠仁
以上5名を 東堂葵 冥冥の名のもとに
1級呪術師に推薦する」
これを読んだ時
他のメンバーを推薦する“ついでに釘崎も”
みたいな印象を受けてました(釘崎ゴメン)
でも違っていました

 

1級呪術師と言えば七海を思い出しますが
彼に匹敵するポテンシャルを
釘崎は持っている事になります

 

『2009年』
今週のラストには
今から9年前…6歳の頃
村と付く位のド田舎に住んでいた
釘崎が出てきます

 

都会から引っ越してきた沙織ちゃんの話が
強く印象付けられているので
つい忘れがちですが

 

菜々子と美々子の件もあります

 

釘崎は閉鎖的な田舎で
オバケ(呪霊)が見える子供
不気味な力(術式)が使える子供
としてどのように生きてきたのでしょうか?
菜々子と美々子は悲惨でした

 

今週号を見る限り
酷い扱いを受けては無さそうです
でも釘崎は意味深な言葉を残しました
「村の人間は全員頭がおかしくて
自分だけが正気だと そう思い込んでいた」
釘崎は自分に強い呪力がある事を
隠して暮らしていたのでしょうか?

 

釘崎は虎杖に高専に入学した理由を

「田舎が嫌で東京に住みたかったから」

とキレながら話していました
閉鎖的な田舎を嫌った…
それ以上の“何か”があったと思うのです

 

今週号は真人に魂を触れられた釘崎が
過去を思い出したところで終わります
来週も気になりますね!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第124話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

最新話第124話の考察・感想

『昏い魂の底に…』

過去に真人は七海の魂に触れています
その時は魂が僅かに呪力で覆われていたので
七海は「改造人間」にはなりませんでした
その時真人は言っています
「呪術師は呪力で体を守ることはできても
魂を守ることはしてきてない」

 

自分は思うのです
釘崎は子供時代に何かを体験して
それをキッカケにして
自分の呪力で魂をガードしているんじゃないかと
だから真人が一度や二度触れただけじゃ
「改造人間」には出来ないと思うのです

 

来週の展開としては
真人が釘崎の魂に触れた事で
その奥底にある
薄暗い夕暮れにも似た昏い記憶を
読者に見せてくれるのだと推測します
幼い子供に「忌まわしい」と感じさせる程の
閉鎖的な空間で
釘崎は自分を守る為に
魂を呪力でガードしていた…
のだとしたら何だか切なくなってきます

 

『「渋谷事変編」はハロウィンで終結する?』

今の舞台は2018年10月31日です
原作の時間と読者側の時間をシンクロさせるなら
あと3話か4話位で「渋谷事変編」は
終わると推測出来ます
そして次は時間が大きく飛んで
2年後が舞台になるかも知れません!
2020年11月という設定で
次のストーリーが展開しそうです

 

だとするとクリスマスイベント的な
楽しいストーリーも期待出来そうです

 

<最新話124話まとめ>

はい!
それでは今週号の総まとめに入ります!

①釘崎の術式が想像以上に強かった
②虎杖が精神的に生き返った
③真人の術式を釘崎が受けてしまった
③は来週に繋がるのでとても気になります

 

<アニメ放送スタート!ネタバレ感想>

放送に合わせて
リアルタイムでツイッターを見てましたが

ツイート内容をざっくりまとめると

 

①伏黒は寝ぐせの凄い人
②犬がカワイイ
③犬の食事シーンがアレだった
④虎杖が二重人格
以上ですw

 

原作を知らない人も結構見ていて意外でした

 

放送直後は「呪術廻戦」がトレンド1位に
OPの「廻廻奇譚」が16位に入ってましたね
OP映像は原作を知っている人にとって
グッとくるものでした

 

映像の美しさと相まって
色々な想いがこみ上げてきます

 

自分としてはラストの「存在しない記憶」で
高専の制服を着てる順平を
見るのが辛かったです

 

放送終了後はOPに関するツイートも
多かったです
一部紹介します
「OP作った奴、単眼猫並みに
エゲツないハート持ってんな」
「まるで主人公の良き友人キャラの様に
OPに順平を配置するスタッフがヤバ過ぎる。
心を抉る配置はやめてくれよ…(絶望)」

 

勿論OP以外も本編も最高でした
作画が美麗で戦闘シーンもカッコ良かったです

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 漫画(単行本/電子書籍)を最大11冊無料で今すぐ読む方法!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です