呪術廻戦122話最新話確定速報!考察感想も!横浜事変39

今日は2020年9月19日(土)発売の週刊少年ジャンプNo.42号から

『呪術廻戦』の第122話 「横浜事変39」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

呪術廻戦 第122話 「渋谷事変39」のネタバレ考察

第122話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

動画が出来次第掲載します。

 

最新話第122話のあらすじ・感想

『真人「空白の2時間」が判明!』

今週の呪術廻戦は真人が2時間もの間
何をしていたのかが明らかになりました

五条が封印されて約10分後位でしょうか

 

真人に「人間が邪魔だから食べちゃって」
って言われて陀艮がラーメンをすするみたいに
人間をすすって食べてしまいます

 

そしてもう二度と
見る事は無いだろうと思っていた
漏瑚の「ポッポー」や陀艮の「ぶぅー」が
もう一度見れたのでちょっと嬉しかったです
可愛いですよね

 

呪霊なのに何であんなに微笑ましいのか…
今後彼らの様な愛嬌のある呪霊が
また出てくる事を期待します

 

でもって丁度その頃に
虎杖が七海班と合流してる設定です
何だか運命の歯車が嫌な方向に回り出した
タイミングって感じがします

 

そして無人となった駅構内を
真人は分裂して二手に分かれて走り去ります

先週真人が言っていた「ラウンド2」
或いはこの先あるかも知れない「ラウンド3」は
分裂した体が関係するようです

 

『ラウンド2もやっぱり地味な殴り合い?』

 

格闘漫画好きとしては虎杖が
殴って飛んで蹴りを入れてって展開は
読んでいてとても楽しいのですが
他の読者はどうなんでしょう
楽しいのでしょうか?

 

それとも「もっと派手な術式を!」
みたいに思ってるのでしょうか?

 

そんな読者の気持ちを察したのかどうか
分かりませんが今週の真人は
今まで以上に「改造人間」を
上手く使いこなして見せました

 

打ち出した「改造人間」を時間差で変形させて
虎杖に攻撃を仕掛けます
でもって真人自身もバンバン体を変形させて
虎杖を攻撃してきます

 

でも以前から指摘されている
変形前の「タメ」が殆どありません
虎杖も攻撃し難いですね

 

『虎杖のメンタルには改造人間の方が効く』

悪役や敵役にも色んなタイプが居ます

 

呪術廻戦では主に
漏瑚や夏油の様な純粋な悪
真人や偽夏油の様な捻じ曲がった悪
の2タイプがあると思っています

 

前者は可愛さや憎めなさがあるのに
後者はどこまでも腹が立ちます

 

真人は虎杖のメンタルにダメージを与える為に
近くを通りがかった2人組の男性を
「改造人間」にしてしまいました
着ぐるみを脱ぐみたいに
人間の中から出てくる真人は
かなりグロかったです

 

虎杖の目には命を冒涜している様に見えて
腹が立ったでしょう
でも今の虎杖に必要なのは五条みたいな
「ある程度の犠牲は仕方がない」
という割り切りです
と言っても虎杖には無理っぽいですけど

 

『釘崎VS分裂した真人』

分裂した真人がウロウロして
釘崎とバッタリ出会ったのが
虎杖と本体が戦い始めた頃です

 

結局のところ真人は本体も分裂した体も
2時間ブラブラしてただけでした
先週の予想では誰かを人質にして
「ラウンド2」をスタートするのかと
推測したのですが違いましたね

 

人質どころか
「釘崎の死体を晒して虎杖の魂を折る」
っていう想像の遥か上を行く計画でした
折角七海に救われたのに
またしても命のピンチです

 

釘崎はまだ三級呪術師です

 

一級呪術師に推薦されていると言っても
勝ち目はあるのでしょうか?

 

自分としては釘崎のようなタイプは
仲間と一緒に戦う事で
その実力を最大限発揮すると考えています
じゃあ釘崎はどう戦うのか?
次の項目で考察します!

スポンサーリンク

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第122話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

最新話第122話の考察・感想

『黒閃の遠距離同時発動は可能か!?』

今の虎杖はほぼ受け身に回っています

 

「改造人間」が真人への攻撃を邪魔するからです
勝ちに行く為にはまず真人にこれ以上
「改造人間」を出させない&作らせない事です

 

でも「改造人間」が居るから無理…
でも釘崎ならどうでしょうか?
釘崎が「共鳴り」で分裂した真人に
かなり大きめのダメージを与えたら
本体にも少なからず影響が出ると思うのです

 

動きが止まった本体にすかさず虎杖が攻撃をする!
という展開が期待出来ます

 

でも一発二発殴ったぐらいじゃ
特級呪霊の真人は祓えない筈です
そこで虎杖と釘崎が黒閃を遠距離で
同時発動させて真人を完全に祓う!
という展開に持っていけたら
勝ち目はあると思うのです

 

『虎杖は既に宿儺の術式を使用している!』
以前の動画で虎杖の「存在しない記憶」は
宿儺の術式かも知れないと紹介しました

 

今回はそれをもう少し説明したいと思います

 

虎杖の「存在しない記憶」は宿儺の術式…
但し順転ではなく「反転術式」としての術式
…と自分は考えています

 

呪力は負のエネルギーとされますが
虎杖と負のエネルギーは
イマイチと言うかあんまり結び付きません

でも正のエネルギーなら虎杖っぽいですよね
「人間も呪霊も皆殺し」
という宿儺の術式は未だ不明ですが

その反転術式が
「人類も呪霊も皆兄弟」的なものなら
かなり虎杖っぽいですよね!

 

<最新話122話まとめ>

はい!
それでは今週号の総まとめに入ります!
①虎杖は「改造人間」に苦戦している
②真人は分裂していた
③釘崎が殺されそう
④でも釘崎は黒閃を発動させたい
⑤個人的には釘崎の飛び蹴りが最高だった!

 

はい、いかがだったでしょうか
釘崎は果たして黒閃を発動出来るのでしょうか?
虎杖のピンチを救えるのでしょうか?
「当然でしょ!」と一言だけでもいいので
コメントしていただけると嬉しいです!

 

 

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 漫画(単行本/電子書籍)を最大11冊無料で今すぐ読む方法!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です