呪術廻戦118話最新話確定速報!考察感想も!渋谷事変36

今日は2020年8月24日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.38号から

『呪術廻戦』の第118話 「渋谷事変36」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

呪術廻戦 第118話 「渋谷事変36」のネタバレ

第118話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

 

最新話第118話のあらすじ・感想

『魔虚羅一撃目』

 

魔虚羅が剣を“軽く”一振りしただけで

その衝撃で宿儺の足が地面にめり込みます

 

すかさず宿儺が反撃です

 

魔虚羅の右頬にパンチを連打して

動きを止めてからの

カタカナの「キ」状に「解」発動で

魔虚羅の体を切り刻みます

 

切り刻まれて体の向こう側に血飛沫が飛びますが

体がバラけない所は流石最強式神です

 

『魔虚羅ダメージ回復』

 

宿儺の攻撃を受けた魔虚羅ですが

後頭部に装備している八握剣の柄の部分が

回転して傷を回復させます

 

 

『魔虚羅二撃目』

 

宿儺の2回目の斬撃を

今度は右腕で軽く弾いた魔虚羅は

次の瞬間宿儺を体ごと弾き飛ばします

 

宿儺の体がビル3つをブチ抜ける程の威力で

軽く弾いてコレかと驚きました

 

『宿儺のお返し』

 

見切って避けられないよう

魔虚羅の顔面を掴んだ宿儺は

ゼロ距離で斬撃を放ちます

 

エグイですね

 

斬撃の余波で巨大なビルが切断されました

最強と最強が戦うと人間なんてアリどころか

ミジンコのフン位の儚さで命が散っていきます…

 

『伏魔御厨子開口』

 

今週号のラストは宿儺が領域展開して

伏魔御厨子を出現させた所で終わりました!

 

最新話281話の考察no.1

①蛇の煮つけ

 

未だ謎が多い伏魔御厨子ですが次号では

その一端でも解明されると予想します

少年院の時には「3枚おろし」と言って

特級呪霊を綺麗にスライスしています

 

前号のラストでは「味見」と言っていますし

今週号ラストでは「万死の厨房」と書かれています

 

そうなると次号はグッツグッツに煮えたぎった

血の池に魔虚羅を放り込んで

「蛇の煮つけ」とか言い出しそうです

 

隠し味にポニテ呪詛師を放り込めばカンペキです

 

楽しみですね

 

②ポニテ呪詛師脱走

 

ポニテは妙に勘が鋭いのできっと間違いなく

宿儺と魔虚羅が戦っている間に逃げています

 

真人と合流して見てきた事をアレコレ喋って

教えてしまいそうです

 

スポンサーリンク

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第118話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

最新話第118話の考察・感想

今週判明した魔虚羅情報をまとめます

 

①刃は対呪霊に特化した「退魔の剣」

 

・反転術式と同じく正のエネルギーを纏っている

・宿儺の体が呪霊なら一撃目で消滅する威力

(今は虎杖悠仁の体なので問題なし)

 

②剣の柄は回転する「法陣」

 

・法陣を回転させて戦闘状況に対応する

・布瑠の言と法陣は完全な循環と調和を意味する

 

③魔虚羅の能力は「あらゆる事象への適応」

 

・宿儺曰く「最強の後出し虫拳(ジャンケン)」

 

②をもう少し説明します

 

一撃目は「正のエネルギー」で攻撃しました

その後魔虚羅は宿儺から斬撃で反撃されますが

傷を回復する為に法陣を回転させます

 

…すると!

 

宿儺の斬撃を見切る!

 

二撃目は「呪力」を籠めて攻撃!

 

どちらも法陣が回転した後に起きた事であると

宿儺は気が付いたのです

 

これはつまり魔虚羅が「どんな敵」と戦っても

…例えば敵が毒を使えば毒耐性や解毒が

可能になる事を意味しています

 

後出しジャンケン以上のズルさです

 

魔虚羅について更に考察します!

 

『八握剣だけにチャンネルが8つある?』

 

法陣に8個の玉が付いているので

チャンネル(?)みたいなのが8個あると

予想していました

 

回復するチャンネル

移動速度を上げるチャンネル

…みたいな感じにです

 

宿儺の言葉から察するにどうやらそれは違うようで

回転さえすれば戦況に対応出来ると思われます

 

『何で刃と柄が分かれたのか?』

 

多分なんですけど柄が握り難くて

魔虚羅自身がへし折ったんじゃないかと思います

滅茶苦茶握り難いですよね

 

アレって鍔じゃないですからね

 

そして柄の部分を後頭部に飾ったのかなと…

 

『魔虚羅のモデルはいるのか?』

 

名前と蛇っぽい後頭部に関しては仏教の摩虎羅

あるいは摩睺羅伽がモデルと思われます

 

更に4つの眼窩から生える4枚の羽は

キリスト教の四翼天使ケルビムを連想させます

 

ケルビムには法陣に似た車輪も装備されていますし

エデンの東を炎の剣と共に守護しているとされます

 

『魔虚羅はどれ位強いのか?』

 

宿儺は「(指2本しか飲んでいない)あの時の俺なら

敗れていたかもしれんな」と言っています

 

指15本を飲んだ今なら勝てるという事なのでしょう

どれだけ強い式神でも宿儺の前では

所詮人に使役される存在でしかないようです

 

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 漫画(単行本/電子書籍)を最大11冊無料で今すぐ読む方法!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です