ハイキューネタバレ400話最新話確定!考察&感想!|妖怪大戦争・2

今日は2020年7月6日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.31(7月20日号)から

『ハイキュー!!』の400話 「妖怪大戦争・2」の

ネタバレと考察&感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『ハイキュー!!』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

ハイキュー!!の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは動画と文字による最新話のネタバレでございます!

 

ハイキュー!! 最終話400話 「妖怪大戦争・2」のネタバレ考察を動画で見たい方はこちら!

スポンサーリンク

ハイキュー!! 最終話400話のネタバレ考察!

アドラーズ影山の放った強烈サーブは
ブラックジャッカル日向(ひなた)の逆サイドの犬鳴へ

 

犬鳴はこれを 気合十分のナイスレシーブ

 

 

セッター宮はこれをふんわり上げ
走り込んできた木兎

 

 

2枚のブロックの間へ 渾身のストレート

しかしここはブロックに飛んだアドラーズ昼神

伸ばした腕をサッと真ん中に寄せて 木兎を >ドシャット!<

昼神 あえて真ん中を開け ストレートを誘っていました

これで アドラーズ逆転

 

 

4回目の影山のサーブ 今度はブラックジャッカル佐久早がレシーブ

からの〜〜

はい佐久早(さくさ)自分で 強烈アタック!

 

 

 

美しく流れるような動きで佐久早(さくさ)が決めて これでまた両者同点

佐久早(さくさ)・・・・・ さすがです

 

 

ここで木兎(ぼくと) ものすごい集中力で サーブに臨みます

そして右のページから左のページに 斜めにサーブが飛ぶという

こんな表現見たの初めてですが

木兎(ぼくと) すごいサーブをはなちます

 

 

アドラーズ星海(ほしうみ)のレシーブは相手コートに返り

ブラックジャッカルの チャンスボール!

 

セッター宮 「自分で獲りかえしぃ」と
木兎に綺麗にふんわりトス

 

 

これを思いっきり木兎は

アタック・・・するかと思いきや

ふわっとフェイントで・・・・手前に・・・・ 落とします!

 

 

ここで試合を見ていた元・梟谷(ふくろうだに)の赤葦(あかあし)の
心の叫びが出ました

 

 

>「世界!!!」<

 

 

そこにはもう どシャットされても凹んだり とりみだすことのない

心もプロとなった木兎の姿がありました

 

 

いや 試合開始のとき「へいへいへーい」ってバク転してましたけどね

 

 

そして試合も大詰め

レシーブが乱れたブラックジャッカル

コートの外までセッター宮がボールを追いかけると

 

 

なんと背後で日向が ジャンプ!

宮も「コイツ・・・」 と思いながらも
素早くこれに反応

 

 

はい! 「ウシロマイナス >定 形 外<」

 

 

 

しかし 「ウシロマイナス」を烏野で日向と何度もやってきた影山は これをしっかり読んで日向をブロック

しかし日向

影山の手の平をよーく見て
相手コートにウシロ・マイナス・定形外を
しっかりと打ち込みました

 

 

これには影山 悔しさのあまり鬼の形相

そしてこれでマッチポイントを迎えた ブラックジャッカル

あとがないアドラーズ

 

 

 

デュースにもつれこみながらも 400話最後は
ブラックジャッカルの乱れた攻撃から
日向がアタックのために大ジャンプ
そしてその正面には ブロックに飛ぶ影山

どちらがこの勝負を制するのか? というシーンで終わりました

 

 

今回400話
主に3つのポイントがありました

 

①木兎(ぼくと)の心の成長

②高校時代の横断幕 いっぱい登場

③来週こそは日向(ひなた)対 影山?

 

 

それぞれ振り返ってみましょう

(1)木兎の心の成長

 

春高の決勝戦の最後の一球 どんなボールも打ち切るのが普通のエースなのに
打つことができなかった木兎

 

 

その悔しさから どんなボールにも対応できる 普通のエース つまり
ただのエースを木兎は目指していました

 

 

(普通のエース=ただのエース)

 

 

そしてVリーグ編に入った392話。難しいトスもきっちりと決め
自分自身のことを「ただのエースだから」と言いました

 

 

Vリーグ編に入ってから このように木兎の選手としての成長が
描かれています

 

そして今回 木兎の 心の成長も描かれていました

 

 

まず影山が活躍した連続サーブ
これを切るかと思われた木兎の強烈アタックは
昼神にドシャットされました

 

 

昔の木兎なら その後 プレーができないほど動揺するシーンです

 

しかしVリーグの木兎は違いました

 

次の自分のサーブではものすごい集中を見せ
戻ってきたチャンスボールも 相手コート内をよく見たフェイントで
落ち着いてきめました

 

 

お調子者の木兎も見ていて面白かったですが
赤葦がつぶやいていたように
木兎も世界で戦える選手になったんですね

 

 

木兎 ・・・・・世界に行く!?
そして今回 懐かしい横断幕がたくさん出ていました

 

 

まずは井闥山学院(いたちやまがくいん) >「努力」<

 

そして梟谷学園 >「一球入魂」<

 

白鳥沢学園 >「強者(きょうしゃ)であれ」<

 

稲荷崎>「思い出なんかいらん」<

 

最後は烏野の >「飛べ」<

 

 

 

中でも稲荷崎の 「思い出なんかいらん」ですけど

これ、名言

 

「昨日を守って明日何になれるのか

「今を精一杯戦え」

 

 

って感じで、いやーかっこいいな〜

 

 

そして 前回の話の最後
日向と影山の直接対決を予感させる終わり方でした

 

 

でも今回 そうすんなりと直接対決ははじまりませんでしたね

 

 

このあたり まだまだ終わらないよ という感じもして
よし!と思って見ていたのですが今回400話最後

 

やはりまた日向対 影山の構図で終えました

 

 

ここから盛り上がるんじゃないかなというところで案外あっさり通過
ということは良くあるので またすぐには直接対決はじまらない
という展開もなくはないですが

 

 

でも高校時代から活躍していたキャラ
一通りVリーグでの活躍も見せたところなので
いよいよ次回 日向と影山の対決は始まるんじゃないかと予想します

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!を無料で読む方法!

以上、ハイキュー!!【最終話400話】のネタバレを紹介しましたが漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『ハイキュー!!』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

感想

日向のブラックジャッカルと影山アドラーズの試合は今
もうすぐ第4セットが終わる場面

 

 

この第4セットをブラックジャッカルがとると
試合はブラックジャッカルの勝ちで終了です

 

そんな大事な 第4セットの最後の最後のシーン

 

ここで日向がきめれば 379話からスタートした
Vリーグブラックジャッカル対アドラーズの試合 終了します

 

 

日向がここできめられず
このセットをアドラーズがとってファイナルセットに入る
という予想もたてたのですが
Vリーグでの活躍を見せていないメインキャラクターは
もういなそうなのと
ファイナルセットならじっくりとやりたいけど
もう他のキャラも今から活躍するとしたら・・・・

 

 

昼神幸郎(ひるがみさちろう)の兄
昼神福郎(ひるがみふくろう)キャプテン

いましたね

 

 

キャラクターの描写(びょうしゃ)がしっかりしているハイキューなのに
なぜ弟は獣医の道にいって 兄がVリーグでキャプテンやっているのか
そのあたり まだ細かくは触れられていませんね

 

 

バレー一家だったからという説明あっただけで
今後もさらっといくかもしれませんが

 

 

幸郎が常に大事にしている犬が写っている写真のことも気になります

 

 

あと鴎台(かもめだい)の横断幕 まだ出ていないですし
星海(ほしうみ) この試合でもうちょっと活躍してもいいかなと

 

 

そう考えると 第4セットの日向vs影山は 影山が勝利
そしてファイナルセットにもつれこみ
そこで最後の伏線(ふくせん)回収をしたところで試合終了

 

こんな感じを予想しましたが
みなさんの予想はいかがでしょうか

 

いやもう 来週! 早う!

 

 

ひとまず最後の「飛べ」の横断幕に涙して
オリンピックを夢みたところで
今日はこの辺にしたいと思います

 

 

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です