ブラッククローバーネタバレ256話最新話確定!考察感想も!|

今日は2020年7月6日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.31(7月20日号)から

『ブラッククローバー』の第256話 「団長の務め」の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『ブラッククローバー』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

ブラッククローバーの最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字による最新話のネタバレでございます!

 

ブラッククローバー 第256話 「団長の務め」のネタバレ

前回255話のあらすじネタバレは、下記の記事に考察感想とあわせてまとめていますのでまずはこちらから!

禍々しいオーラを放つダンテ。

そしてダンテは悪魔の力を80%まで解放し、その姿までをも恐ろしい不気味な様相に変えてしまった。

その様子をヤミは『顔面ラインマンほぼ黒さん』よ揶揄する。

 

そしてダンテはものすごい威力の魔法を放ってきたのだった。

それは山に大きな穴があき貫通してしまうほどのものだった。

 

さらにその攻撃の周囲のものが跡形のなく消え去ってしまうのだった。

 

しかしヤミも反撃を繰り広げる。

しかし相手の力は切っても再生させてしまうのでヤミの攻撃はあまり意味をなしていない。

ヤミは戦いながら考えていた。

 

力を凝縮して、点にして・・・

と考えていると、ダンテの攻撃が降りかかってくる。

それはヤミを直撃した。

煙が上がっているが・・・煙に紛れてボロボロになったヤミがダンテの方を向いて立っていた。

 

「今ここで限界を超える団長つとまんねぇわな、団員の前でやれねぇとよォ・・・!」

そういって凝縮したマナゾーンをさらに超凝縮させ・・・『闇魔法〝死突〟』を放つヤミ!

 

ダンテは四肢を支える体のパーツを、首から腰までの部分を貫かれ、粉砕されてしまう!!!

首と両腕は宙に浮き、腰から下の足が残された状態と・・・なってしまう。

 

ヤミは

「突きのつもりが大砲みたいになっちゃった」

ヤミ自身も大きく攻撃を受けたようでボロボロになっていたが、相手の体を噴砂してしまうのだった。

 

スポンサーリンク

ブラッククローバーを無料で読む方法!

以上、ブラッククローバー【第256話】のネタバレを紹介しましたが漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『ブラッククローバー』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

感想

ヤミ団長の豪快な戦いぶりがかっこよかったです!

ですが先週のノエルらの戦いのくだりを見ていると、こんなしれっと1週だけでこの戦いが終わるとは思えません!!!!

しかもヤミはボロボロだし、敵は再生する能力あるし、しかも悪魔パワー80%まで解放してるし??!!ってことで、こっちは超疲弊しているのに敵は大丈夫でさらに追撃してくるパターンになるのではないかな〜???と想像・予想しております!

 

黒の暴牛は瀕死になってからが強いしね。w

団員全員が。w

 

結構やられてしまっているヤミをサポートすべく誰かが奮い立つんじゃないかなって予想ですが、アスタも結構やられているし、、どうなるのでしょう??!また来週が目が離せませんし楽しみです!

 

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です