呪術廻戦120話最新話確定速報!考察感想も!渋谷事変38

今日は2020年9月7日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.40号から

『呪術廻戦』の第120話 「渋谷事変38」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

呪術廻戦 第120話 「渋谷事変38」のネタバレ考察

第120話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

 

最新話第120話のあらすじ・感想

 

荒野と化した渋谷の街を目の前にして
宿儺の目の前で死んでいった人達の姿が
虎杖の脳内に蘇ります

 

恐らくトラウマによるフラッシュバックと同様の
想像を絶するストレスが虎杖に襲い掛かった筈です

 

耐えきれない程の心の動揺が
虎杖を「アスファルトに爪を立てる」
という自傷行為に駆り立てます

 

ですがそんな虎杖を救ったのが

七海の最期の一言
「後は頼みます」

 

七海はその言葉を“呪い”と表現しましたが
今の虎杖にとってそれは“祝い”の言葉です

 

虎杖にとって最悪の展開は
絶望からの孤独
そして自分は何も出来ないという無力感からの
闇落ちパターンです

 

ですがそれは七海の最期にして最強の「祝詞」で
回避されと思うのです!

 

七海に後を託された虎杖が
「死ぬんならやる事やってからだ!」と
沢山の理不尽な死を怒りに変えて
どのように真人と戦うのか来週も楽しみです!

<「渋谷事変編」時間経過>

 

考察の前に時間経過をザっとまとめます

19:00 帳が下りる
20:31 五条現着
21:20頃 獄門彊に五条封印
22:10 虎杖VS脹相からの虎杖と宿儺入替
22:10 冥冥VS疱瘡神からの冥冥VS偽夏油?
22:20 七海&禪院班VS陀艮で後に伏黒と伏黒父も参戦
陀艮戦後 七海&禪院班VS漏瑚
23:01 宿儺VS漏瑚
23:07 宿儺VS魔虚羅
23:14 宿儺と虎杖入替

 

五条が封印されてから約2時間
冥冥VS偽夏油戦が始まっているなら約1時間
七海&禪院班VS漏瑚戦から約30分

 

…と時間が経過しています

 

冥冥は偽夏油に勝てたのか?
真希先輩や直毘人爺さんは生きているのか?
日下部やパンダは無事か?

 

これ以上死人が出ない事を祈ります…

 

 

スポンサーリンク

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第120話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

スポンサーリンク

最新話第120話の考察・感想

 

真人は虎杖が初めて殺意を抱いた呪霊です
虎杖は自力で勝てるのかその方法を検証します!

『先ずは真人の能力まとめ』

 

術式は対象の魂を変化させる事で
肉体を変化させる「無為転変」
→相手に触れて発動
→格上の魂には発動不可
→自分の魂に攻撃されると肉体にもダメージ
→自分を変える直前に呪力のタメが生じる
→タメ中に連撃されるとダメージを受ける
→術式で作った「改造人間」を使役

領域展開は「自閉円頓裹」
→対象に触れなくても術式発動
→一度使うと呪力回復に10日必要

 

「幼魚と逆罰編」にて
七海には到達出来なかった
呪術の極致「領域展開」を
皮肉にも七海と戦った事で真人は取得しました

 

「自閉円頓裹」の中に引き込まれた七海は
「悔いはない」と死を覚悟しますが
その時は虎杖(宿儺)に助けられます

 

そして120話…

 

今回虎杖は七海を助ける事は出来ませんでしたが
代わりに折れかけた心が七海に救われます…

 

『真人を倒す方法は意外に地味かも』

 

単純に虎杖が素手でボコるのが一番です
真人の魂が勝手にダメージを受けます

 

特に真人が自身に術式を使用する際の
「タメ」の無防備な時に畳みかければ
恐ろしくダメージを受ける筈です

 

多分なんですが虎杖VS真人戦は
意外と地味に殴って決着がつきそうです
その理由は3つ!

『理由①真人は虎杖に術式を使わない』

 

真人の術式は対象の魂を変化させます
宿儺とリンクしている虎杖にそれをやると
宿儺サマが怒り狂うのは目に見えています
なので多分やらないです

『理由②真人は領域展開しない』

 

真人の「自閉円頓裹」に引き込まれた場合
対抗手段は“自分も領域展開する”
しかありません

 

ですが以前虎杖が真人の自閉円頓裹に侵入した際
宿儺サマが大層ご立腹した為
(勝手に入ってきたのにねw)
真人がこれをやるかどうか…微妙です
多分やらないです

『理由③虎杖は宿儺の術式を使わない』

 

宿儺の指を15本も飲んだので
そろそろ虎杖も宿儺の術式が
使えるようになるかもです

 

「解」「捌」「開」の3つが判明していますが
果たして宿儺の術式を虎杖が使うかどうか…
多分使わないし使いたくないと思います

『結論:だから地味な戦いになる』

 

長々と検証しておいて何ですが
結局は虎杖が真人を地味に殴り倒して
決着がつくと予想します

 

本当に地味な考察で申し訳ないです
でも虎杖に逕庭拳以外の技が
登場する可能性もあります!

 

派手な技だと面白いですね

はい!
それでは今週号の総まとめに入ります!

①七海健人死亡
②虎杖VS真人戦スタート

今週はこの2点に尽きます

七海が最期に友である
灰原雄の幻影を見たシーンが切なかったです

あと今週の七海の姿…
顔の向かって左半分を手で隠して見ると
かなりエグイ状態で泣きたくなりました…

そして!
アニメ初回放送が10月2日(金)に決定です!

【あなたにオススメ◎】

漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 漫画(単行本/電子書籍)を最大11冊無料で今すぐ読む方法!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です